散歩前に騒ぐ、引っ張る癖を直してあなたのペースで散歩する方法

散歩に行くとわかるとすぐに騒いだり、散歩でリードを引っ張り、あなたのペースで歩いてくれない。自分のペースで歩けたらどんなにいいか。

そんなお散歩の時によくある問題を解決する方法を紹介します。

散歩前に騒ぐ、引っ張る癖を直す方法

散歩前に騒いで、玄関をあなたより先に出るコーギーは、おそらく室内でもリードを引っ張り、散歩中もリードを引っ張っていませんか?

散歩中にリードを引っ張るという行為は、散歩前に騒ぐという時から始まっています。犬にとっては、散歩に行くとわかり、リードをつける時点で、散歩が始まっているのです。

ですから、散歩中の引っ張り癖を直そうと思ったら、まず室内での騒動や引っ張りをコントロールすることから始めます。

散歩に行くまでの各過程を騒がずに、室内でもリードを引っ張らないことから教え、それができたら外へ散歩に行き、外でも引っ張らないように教えるのが秘訣です。

散歩は外ですることですが、引っ張らないように室内で練習してから行いましょう。室内でやって覚えたことを外でもできるように強化する(復習)だけですから、この方が簡単だと思います。

この時、おやつを手に持って歩き、引っ張るのを防いだ方が簡単です。おやつを差し置いて前へ引っ張るコーギーはそういません。うまくできたらご褒美に。

どうしてもという場合、お勧めはしませんが、首輪をチョークチェーンにして、リードを使って引っ張り防止をします。むやみやたらにリードを強く引っ張ればいいというものではありません。それはほとんど効果がありません。

室内で騒いだり、引っ張ったり、ドアを先に出ないようにトレーニング

ポイントは、騒いだり引っ張っても、静かにするまで待つことです。歩き始めては止まり、また歩いては止まるというのが何度も続くでしょう。こうすることであなたに注意が向けられるようにします。

騒いだり引っ張っても散歩は始まらないし、散歩をリードするのはあなただということを教えます。

  1. リードや首輪(カラー)をつける時に静かにさせる
    まずは、リードや首輪をつける時に過剰に興奮して騒がないように、お座りさせ、「マテ」ができるようにします。できるまではつけません。静かになるのを待ちましょう。
  2. 装着しても静かにしていられるようにしましょう
    装着し終えた時点で騒いだり玄関へ先に行こうとしますが、静かにするまで、ただリードを持ったまま立って待ちましょう。それだけです。何もする必要はありません。静かになったら、褒めてあげます。
  3. 室内で引っ張ったり、先に飛び出さないようにしましょう
    まずは室内で引っ張らずに歩けるようにします。歩き始め、引っ張ったら、再び立ち止まり、静かにするまで待ちます。引っ張るたびに繰り返します。また、逆にあなたが止まったら、止まれるようにします。室内をお散歩する感じで右回り左回りと練習します。

飼い主のペースで横について歩いている犬を見ると、飼い主に注意が向けられ、時々アイコンタクトを取ろうとし、どこへ向かうのかあなたを確認しているのがわかります。それを目指します。

外でも引っ張らないように練習します

最初からいつものお散歩コースで挑戦するのではなく、家周辺を往復するなどで練習し、徐々に距離を伸ばしていきます。目標を決め、そこまでできたら、恥ずかしがらずに褒めてあげましょう。

  1. 玄関を開けても飛び出さない・引っ張らないようにします
    玄関のドアを開けると、外へ出ようと引っ張るようなら、室内でしたように、外へ出ずに玄関に戻し待つように指示しましょう。
  2. 室内練習と同様に、引っ張ったら止まり、必ず散歩を中断します
    引っ張っているのに歩き続けるのは、コーギーが散歩を先導することに応じていることになり、引っ張り癖は続くでしょう。ですから、必ず立ち止まり、おさまるのを待ちます。コーギーが引っ張らずに歩けるまで繰り返します。
  3. いつもの散歩へ行きましょう
    引っ張っても「ツケ」の指示で、あなたにペースを合わせたり、引っ張らずに歩けるようになったら、いつもの散歩に行きましょう。

リードを引くことで制止させる時のコツ

犬は、引っ張られるとそれに抵抗して引っ張る習性があります。リードが張った状態というのはまさにその状態ですので、ここで強く引いてもそれに抵抗するように引っ張るだけでしょう。そのため、余計にあなたも力を入れて引くようになってしまいます。止まった方が早いです。

あなたとコーギーがリードを引っ張っり合っている行為ではなく、その前のリードが緩むとコーギーが先に行く行為を制止したいのです。ですから、先行し始めて、まだリードが緩んでいる間に素早く引きます。ここがポイントです。引きっぱなしにせず一瞬だけ引いてコーギーに注意を与える感じです。

引っ張り合っていないので、力も要りません。素早く引くことで、チョークチェーンはこの時に輪が締まりコーギーの注意をひきます。引っ張られてすでに輪が締まっている状態で使っても意味がありません。

コーギーがリードを引っ張ったら、リードが張った状態で引くのではなく、歩くのをやめ、リードが緩んでいることを確認して、歩き始めます。先に行こうとするので、緩んでいる時に引っ張ります。

リードが緩み、先に行こうとしたところをリードを引かれるので、不意を付かれ、あなたに注意が向けられるのです。このときに「ツケ」と声をかけ、あなたのペースに合わせる指示語を覚えさせます。