コーギーを店頭販売のペットショップから購入する時のポイント

このサイトでも、以前、ペットショップから購入する秘訣を紹介していました。子犬のことや、飼育環境や衛生管理、店員の質やらいろいろ。

でもね、まず一番に、購入先の候補からはずすべきなのは、店頭販売のペットショップなんです。

店頭販売のペットショップから購入する時のポイントを知りたいのに何だよそれ、と思うかもしれません。

でも、よく調べてから購入したい、飼いたいと思っているあなただからこそ、ここへたどりついたのだと思います。だからこそ知って欲しいのです。

子犬を探すということは、ブリーダーを探すということ

ペットショップで購入する時のポイントをより詳しくしようとすればするほど、「結局はブリーダーを選んでいる」ということになるんです。

どういうことかというと、このお店は衛生的で、店員さんの対応もいい、子犬も元気そう。良さそうなショップ。

でも子犬はどこから仕入れているんだろう?

提携ブリーダー?生体オークション?自家繁殖?その仕入れ先は大丈夫なの?

提携ブリーダーならそのブリーダーさんはどんなブリーダーなの?どんな環境で自家繁殖しているの?

結局はブリーダー選びをしているのと同じことに。

ペットショップにやってくる子犬も、もとをたどればブリーダーにたどり着くわけです。

どのショップも良いブリーダーとだけ取引していればいいですが、現実にはそうじゃありません。

また、その詳細を知っているのは、仕入担当者やその人を知っているペットショップの店員ぐらいです。パートやアルバイトの店員に聞いてもわかりません。生体オークションともなれば、仕入担当者でさえどんなブリーダーなのか詳細はわからないと思います。

ペットショップを吟味してまわる時間があるなら、ぜひ良いブリーダーを探すために時間を使ってください。子犬を探すということは、ブリーダーを探すということです。ペットショップじゃありません。

もちろん、ペットショップで購入することが悪いことではありませんし、どこから迎えたコーギーであろうと、愛情たっぷりに最後まで責任を持って飼ってあげてください。