コーギーをブリーダーから購入する時のポイント

ブリーダーから購入する子犬は、不必要な環境の変化もなく、あなたのもとへ巣立つまで母犬の愛情たっぷりに兄弟姉妹と一緒に育てられ、ブリーダーと一緒に暮らしています。

ブリーダーは、コーギーについてはもちろん、親犬、子犬のこと、子犬がどんな成長をしているかもよく知っています。

そして専門ブリーダーであれば、何よりコーギーが好きです。もし、条件や都合があうなら、ブリーダーから直接購入する方法が最も子犬とあなたにとって良い方法でしょう。

デメリットがあるとすれば、必ずしも、今、子犬がいるわけではなく、子犬が産まれるまで待つことも必要だということです。

どんなブリーダーを選べばいいのか?そのポイント

1.予約・購入前に犬舎訪問できるかどうか

ネットで探す場合、Web上で犬舎訪問OKの記載がある場合は、問題ないと思いますが、記載が無いこともあります。その時は、実際に行くいかないは別にして、必ず子犬を見に行ってもよいか、犬舎訪問を問い合わせてみます。

購入の予約をしないとダメだとか、あれやこれやと言い訳して、ふに落ちない理由であれば、購入は控えた方がよいでしょう。良いブリーダーなら、トラブルを避けるためにも、できるだけ子犬を実際に見て決めてもらいたいはずです。

ネット上の画像だけでなく、実際にブリーダーさんと子犬に会ってみた方が、性格や、親犬から体格なども判断しやすいですよ(子犬に会ったら欲しくなっちゃいますけどね)。

また、どんな環境で育てられているのかも一目瞭然ですし、ブリーダーさんの印象も違ってきます。犬舎を訪問することができるなら、できるだけ訪問しましょう。

2.ブリーダーのここを見ればわかる!良いブリーダー選び

コーギー専門である方がいいのは言うまでもありませんが、コーギー専門だから安心、専門じゃないからダメだというわけではありません。また、規模が大きいから、あるいは小さいから良いとか悪いということでもありません。

ただ、規模の大きなブリーダー、流行っている(つまり売れる)犬種を複数繁殖しているブリーダーの場合は少し注意が必要です。

頭数が多くなれば、それだけ衛生管理も大変になるので、それなりの設備(犬舎)があるかはチェックしましょう。また、複数の犬種を繁殖しているブリーダーであれば、どの犬種に力を入れているのか、扱っている犬種のミックスを『ウリ』にしていないかをチェックします。

まともなブリーダーなら、純血種を異種間交配させることはしません。その犬種のブリーダーである意味がありません。

コーギーやチワワといったいわゆる純血種の犬は、犬種としての特徴である遺伝的要素には、遺伝的な弱点も含まれていることを、良いブリーダーは知っています(例えば、コーギーであれば、特徴として脚が短い、遺伝的弱点として股関節形成不全が出やすい、など)。

そのため、繁殖をする際、遺伝的な弱点が子犬に出現しないよう注意を払い、親犬だけでなく家系など血統を管理して繁殖をします。

そうした注意を払うべき遺伝的弱点の異なる人気の犬種を、あえて異種間交配する理由が良いブリーダーにはありません。仮に意図していないとしても、それは、繁殖の管理ができていないということです。

規模の大きいブリーダーであれば、ショーで入賞実績(コーギーで)があるかどうかも一つの目安になります。ドッグショーは、にわかに繁殖を始めて、入賞できるほど甘くありません。

もちろん、チャンピオン犬の子犬である必要はありませんし、チャンピオン犬の子犬というだけで値段を高く設定できるので、やたらと同じチャンピオン犬の子犬が多い場合は注意。

また、犬を初めて飼うのであれば、飼育相談にのってくれるブリーダーがいいでしょう。

飼育相談にのってくれるようなブリーダーはコーギー専門のことが多く、何よりコーギーが好きな方です。専門ブリーダーさんの中には、兄弟姉妹たちと再会できる場を設けてくれるところもあります。ブリーダーだからこそできる特典みたいなものです。

良いブリーダーは、無理な繁殖をせず、血統を管理して繁殖しているので、場合によっては何ヶ月も待つのは覚悟しましょう。

3.予約あるいは購入をせかさないか、十分な説明があるか

販売者は、契約の際に、あらかじめ重要事項について文書の交付をし説明しなければならないのですが、それよりも前に、子犬の健康状態やコーギーや飼い方などに付いて簡単な説明や、あなたの疑問や質問に答えてくれるかどうか。

かわいさばかり強調して、説明が無く、予約や購入をせかすようならやめましょう。

あなたが直接質問しにくいこと(同じ母犬が年に2回も繁殖していないことや親犬の病歴など)も説明してくれるとなおいいんですが、まぁそこまで求めるのは現実的じゃないでしょうね。