愛犬の目の老化【核硬化症】と飼い主にできること

核硬化症は目の老化現象

核硬化症は、愛犬の加齢に伴い現れる目の老化現象です。

水晶体の中心である「核」と言われる部分が加齢により徐々に硬くなり、白っぽく、かすんだように濁ってきます。

瞳の見た目に変化があるため、症状は飼い主が比較的気づきやすいですが、経年変化に気づくというよりは、ふとした時に、「あれ?うちの子、何だか目が白っぽく霞んでる」と気づくことが多いと思います。

具体的には、光の加減によって、両目が白っぽいとか、青がかかった明るいグレーのような色とか、瞳の中に曇りガラスがあるかのように濁って見えます。

よく似た病気の白内障との違いは?

似た症状の病気に白内障があります。白内障のほうが知っている人が多いため、多くの飼い主は愛犬の症状からまず白内障を疑うことが多いです。

医学では核硬化も白内障の症状の一つ、あるいは種類の一つとして分類されますので、決して間違いではないと思います。

しかし、獣医学では白内障とは区別して診断がされます。

なぜ区別するのか、その理由は、白内障と核硬化症の違いを知れば理解できるでしょう。

では、白内障と核硬化症は何が違うのか?

白内障も核硬化症も加齢が主な原因ですが、飼い主が知るべき白内障と核硬化症の違いは、愛犬の視力への影響と治療の有無です。

もちろん、眼科検査でわかる違いなどもありますが、それは獣医の仕事ですので知らなくてもいいでしょう。

飼い主が知るべき核硬化症と白内障の違い

  • 核硬化症は、瞳の見た目に変化がありますが、何年もかけて、ゆっくりと加齢とともに徐々に変化し、視力への影響も少なく、愛犬の日常生活に大きな影響を与えるほどではない。治療の必要がない。
  • 白内障は、将来的に愛犬が視力を失う、つまり失明する可能性がある。視覚障害によって、愛犬の生活に支障が出る可能性がある。手術すれば視力を取り戻せるが、手術以外には点眼薬で進行を遅らせる方法しか治療法はない。

白内障なのか核硬化症なのかの区別は私たち飼い主にはできません。

核硬化症と白内障が同時に存在することもあり、白内障だった場合、愛犬の老後の生活の質(QOL)を左右するので、愛犬の瞳に白濁が見られるようなら、自己診断せずに動物病院で診てもらいましょう。

核硬化症の場合、治療をされませんし、必要ないとされますが、白内障に発展することもあるので、経過観察は必要です。

核硬化症では、日常生活の中で、飼い主が愛犬の視力の変化に気づきにくいです。

犬は視覚よりも嗅覚や聴覚が優れていますので、ゆっくりと変化する視力に適応しながら年を重ね、核硬化症による視力の変化では日常生活に支障をきたすこともないからです。

愛犬の視界がどうなっているのかは、私たちには正確に知るすべはありませんが、核硬化症の視力への影響は、例えるなら、私たちが老眼になる程度のものでしょう。深刻になる必要はありません。

その一方で、愛犬に視力の低下を感じた場合、白内障が発症しているか、進行している可能性があります。

何歳ぐらいから発症し、どのくらいの発症率なのか?

核硬化症は、自然な加齢による変化ですので、コーギーに限らず、どの犬も将来なると思ったほうがいいでしょう。

個体差がありますが、早ければ5,6歳から始まるといわれています。

核硬化症と白内障は、年齢を重ねるほど発症率は高くなります。VCA Hospitalsによると、核硬化症もしくは白内障の有病率は、9歳以上では50%、13歳以上では100%とされています。

核硬化症は治療が必要なく、動物病院でも治療はされません。加齢による変化とはいえ、飼い主は愛犬に何もしてあげられないのでしょうか?

同じ年齢の犬でも、若々しいと感じる犬もいますし、愛犬にはそうあって欲しいですよね。

老化そのものや核硬化症を防ぐことはできませんが、その変化を緩やかにしたり、発症や進行を遅らせるために、飼い主にできることはあります。

愛犬の目の老化を緩やかにする方法

早ければ5,6歳から始まるといわれていますので、気になりだす年齢になったら、ルテインとゼアキサンチンを補うことで、その変化を緩やかにしたり、発症や進行を遅らせるのに役立つかもしれません。

加齢による核硬化症と白内障は、酸化(活性酸素)が大きく影響しているとされているからです。

加齢とともに愛犬の水晶体に含まれているタンパク質が紫外線やその他の酸化ストレスにより性質が変化し、白っぽく濁ってきます。

そのため、核硬化症と白内障といった加齢による目の老化現象や病気の発症を遅らせたり、緩やかにするには、愛犬の水晶体を酸化ストレスから守ってあげることが重要です。

その働きをしてくれるのがルテインとゼアキサンチンです。

ルテインとゼアキサンチンは、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる黄色の色素成分で、眼の網膜や水晶体に多くある成分です。加齢によるダメージの蓄積や紫外線から目を保護してくれますが、体内のルテインは少しずつ消費され、減少していきます。

人での研究では、ルテインとゼアキサンチンのサプリメントは、水晶体の過酸化を抑制し、白内障の発症リスクの低減および進行を予防する可能性が示されています。

ルテインとゼアキサンチンのサプリメントは、愛犬にも有用であることが研究で示されていますので、ルテインとゼアキサンチンのサプリ(胡散臭い犬用ではなく、人間用のもの)は核硬化症や白内障といった加齢による目の老化対策の選択肢として有望です。

リファレンス