【重要】FDAがグレインフリーに警告

犬の【緑内障】も怖い!飼い主ができること

この病気は、初期の症状に飼い主が気づいてあげることが難しい病気です。気になる症状やサインがありますが、実際には、これらの症状に気づいた時にはある程度進行していて、視力が低下している状態です。病気の初期段階に気づくのは難しいと思います。

緑内障(りょくないしょう)

緑内障は、眼の内側の圧力(眼内圧)が上がり、神経が圧迫されて視力が悪くなる病気です。眼球内は、眼球を充たす房水(ぼうすい)という体液が循環(産生と排出)していて、眼圧を保つと共に、角膜・水晶体の栄養補給の役目を果たしています。

何らかの原因でこの房水の排出に異常があるために、眼圧が上昇した状態で、視神経が圧迫されると視力の低下、失明を招きます。コーギーだからかかりやすいわけではないですが、失明のリスクがとても高い目の病気ですので、注意してください。

その原因によって先天性(生まれつき)、原発性(原因となる病気がないのになる、なりやすい犬種がある)、続発性(ブドウ膜炎や腫瘍などの眼の病気があり、それに続いて起こります)の3つにわけられます。

症状の出かたによって急性と慢性にも分けられ、急性は緊急性が高く、眼科の専門的な治療が可能な病院へすぐに連れて行く必要があります。

この病気は、飼い主のショックも相当大きいものになります。というのは、治療が遅れると失明し、失明だけでなく、獣医が将来のことを考え、必要と判断した場合、眼球摘出をしなければならないからです。この場合、愛犬用の義眼をすることになります。

気になる症状・サイン

  • 初期の症状として、眼をしょぼしょぼとしたり、涙を流すようになったり、明るい光をまぶしがる、眼を足でしきりかいたり、こすりつけたりする
  • 白目が充血している、瞳孔が開いたままになっている
  • 眼に痛みがあるため、眼を気にかかったり、眼の辺りを触られるのを嫌がったり、眼をこすって鳴いたりします。食欲がなかったり、嘔吐する場合は要注意!
  • 進行すると眼球が飛び出した感じがします

飼い主ができる予防策

飼い主にできる予防法として、これといった有効な方法があるわけではありませんが、続発性緑内障は、他の目の病気が原因で起こります。

初期の症状は、どれも他の眼の病気の時にも見られますので、引き金になるような眼の病気を早く見つけてあげるのはもちろん、素人判断せずに動物病院で診てもらうことです。

飼い主が気が付かないうちに進行し、気づいた時には視力を失っている状態であることが多い病気ですから、愛犬の眼の異常については少しくらい敏感でもいいと思います。

かかりつけの動物病院の他に、専門的検査・治療が行える病院を探しておくことも大事です。可能ならかかりつけの獣医に相談し、紹介してもらうのもいいでしょう。

早期の発見には、そのような病院で定期的に検診してもらうことです。