生後2ヶ月~3ヶ月のコーギー(子犬)の育て方・飼い方

子犬も家になれて、すっかり家族の仲間入りですね。コタロウとチャコもこの時期に家にやってきました。ネネは生まれも育ちも我が家のお嬢です。

子犬の世話にも少しはなれたでしょうか?

見ているだけでもかわいいですよね。この時期のコーギーは、今どんな時期なのでしょう。

ここでは、飼い方や育て方を、子犬は今どんな時期なのか、健康管理はどうするのか、しつけ、この3つに分けて順にお話しします。

子犬の社会化期とは?

子犬の社会化期とは、他の犬や人間と上手に付き合っていく能力を養ったり、性格形成に重要な時期です。生後4週~3ヶ月の間が子犬の社会化期にあたります。

この時期に、早くに母犬から引き離されたり、飼い主や母犬からの十分な愛情を受けないと、性格的に問題のある犬になりやすいと言われています。

この時期に、母犬や兄弟達とじゃれ合ったり、かみついたり、あるいは母犬にしつけられながら、犬社会のルールを覚えます。

そして、あなたとの遊びや触れ合い、家の外の世界の刺激を受けて、人間社会の環境を覚えていきます。

社会化期の早い段階で子犬を迎えることが多い日本では、飼い主はこのことを頭に入れて育てましょう。

ちなみに、ネネは、コタロウとチャコに犬社会のルールをしつけられました。

父であるコタロウは子育てにはあまり関心がありませんでしたが、序列だけは教えているようでした。

ネネの悪ふざけがひどかったり、調子に乗っていると怒られますし、そうやって関係の取り方や力加減、あいさつなどを覚えていきます。

社会化期の子犬の育て方

まずは、子犬が新しい環境に馴れるのを待ちましょう。

子犬は寝ては起きてを繰り返します。一日に約20時間は寝ますから、寝ている時は無理に起こしたりせずに、そっとしておいてあげましょう。

起きている時は、家族みんなで声をかけてあげたり、スキンシップを取ったりして、家族になれさせましょう。

それから、こんなにモコモコしてカワイイ時期は他にはありませんから、たっぷりかわいがりましょう。

室内になれたら、徐々に社会見学をさせましょう。

家の中のだけでなく、子犬を抱っこして、徐々に庭先や近所など、家の外へ連れ出してあげましょう。これは子犬にはとても重要なことです。

子犬を外の世界の音などになれさせ、怖がったりしないようにするためです。

近所から聞こえる音や、車の往来の音、いろいろな物を見せたり、近所の人に会わせたりすることで、怖がってうなったり、逃げたりしないで仲良くできるようにします。つまり、社会性を養うためです。

本などによっては、家の外へ連れて行くのは2回目のワクチンを済ませてから(生後3ヶ月過ぎ)、とすることもあるようですが、子犬の社会教育(人になれるなど)にとって大事な時期ですので、抱いて近所の散歩に連れて行ってあげましょう。

ただし、散歩(外で子犬を歩かせる)はダメです!抱っこして、まずは家の近所を見学させるだけにしましょう。

次に、健康管理ついてお話します。

生後2ヶ月~3ヶ月の健康管理はここに気を付ける

  • 食事管理
  • 子犬の骨折に注意

食事管理

成長期にあるので、健康管理で気を付けるのは、まずは、食事です。

ドッグフードは、これまでペットショップやブリーダーさんのところで食べていたものを与えます。

ですから、ブリーダーやペットショップの店員に何をどのくらい与えていたか、必ず教えてもらいます。

成長期ですから、十分に栄養のあるフードのはずです。必ず子犬用をあげます。初めて犬を飼うなら、ドライフード(子犬用/パピー)が栄養バランスも良く無難です。

この時期の子犬には一日3回に分けてあたえます。

初日は、緊張や不安で食欲がない場合があるので、いつもあげる一回分の量の半分で十分です。翌日からは、一日の量を3回に分けて与えます。

もし、ブリーダーやペットショップで1日に4回も5回もあげていたのなら、もしかしたら、その子犬は消化器官が弱かったり、消化器官の発達が遅くれているのかもしれません。なぜそんなに何回にも分けるのか聞いてみましょう。

ドライフードは固いまま与えますが、子犬によっては(体調や成長に合わせて)、まだお湯でふやかしてから、あげることもあります。

コーギーは食欲旺盛なので、まだ欲しがっているからと、必要以上に与えないようにしましょう。コーギーは肥満には注意が必要な犬です。

それと、食事で注意したいのが、牛乳です。ミルクをあげているシーンがアニメなどでありますが、やらないほうがいいでしょう。

個体差があるとはいえ、牛乳の乳糖という成分を消化するのが苦手なので、下痢を起こします。この時期の子犬にミルクが必要なわけでもありませんので、体調管理でいらぬ不安やリスクを負わないためにも与えない方が賢明です。

飲み水は新鮮なものを与えるのはもちろんですが、水道水の塩素などが気になる場合は、浄水器を使うことも検討してください。ペットボトルの水に比べるとランニングコストが圧倒的に安くすみます。

硬水が多い海外ではピュアウォーターを与えることもあるようですが、日本国内の水であれば、ミネラル分については気にする必要はありません。

子犬の骨折に注意

家にもなれたら、サークルから出して室内を自由に歩かせるようになると思いますが、ここで気をつけたいのが骨折です。

まだ骨格が発育途中の子犬にとって、激しい運動、高いところからの飛び降りやジャンプは厳禁です。

骨はまだ丈夫ではないので、これらの衝撃で折れてしまうこともあります。

玄関やソファーの上など、段差のあるところからジャンプさせたりしないように注意してください。まさかここからはジャンプしないだろうと思っても・・・

勇敢で活動的なコーギーです、やります。ネネもやりました。一度だけソファーからジャンプ!幸いネネは何ともありませんでしたが・・・ヒヤッとした瞬間でした。

少なくとも自力で登れないところへは上げないほうがいいです。

まだ、自分の身体能力がわかっていないので、怖いもの知らずというか、度胸があるというか・・・。子犬でも、ホントにやりますから、目を離さないように注意してあげましょう。

それから、最近ではフローリングの家の方が多いと思いますが、滑りやすい床は、踏ん張りがきかず(その様子がかわいかったりもしますが)、子犬にはとても危険です。

まだ骨格が形成途中ですので、足をすべらせたりすることが多いと、骨の成長に悪影響を与えるだけでなく、ケガの原因にもなります。

コーギーは遺伝的に股関節形成不全になりやすいとされていますが、環境要因によっても引き起こされるので、すべり止め対策をするなどしましょう。

子犬に限らず、成犬も毎日歩く床です。危険は避けてあげましょう。

生後2ヶ月~3ヶ月の子犬のしつけ・トレーニング

まだ、早いんじゃ・・・と思うかもしれませんが、しつけ・トレーニングをはじめます。

この時期は、イメージしているしつけというよりは、楽しく一緒に暮らせるように、なれさせたり、信頼関係を作ったり、人間社会に慣れさせるという感じです。

迎え入れたその日からやるしつけがトイレのしつけです。

サークル内にペットシーツを敷き詰めて、トイレの場所を覚えさせるのが一般的ですが、クレートを使うと効果的です。

最終的には、場所が変っても(友達の家やペットと泊まれる宿、動物病院など)、ペットシーツの上でできるようにします。

最近では、しつけのできるトイレシーツもあるので留守がちなら利用するのも一つの方法です。

飼い主としての信頼関係を築きましょう

「信頼関係を築く」なんていうと難しく感じますが、普通に世話をしたり、遊んでいれば、簡単に築ことができます。でも、ただ可愛がるだけじゃ、コーギーのボスにはなれません。

遊びの一つとしてスキンシップを。

かわいいので自然となでたり、触ったりするので心配はいりません。ただ、同じところだけじゃなく、いろんなところを触ってあげるようにしましょう。

これは、後々、お手入れなどで嫌がる事がないようにするためです。

抱っこして口や耳、あし、おなかなども遊びながら触り、楽しいということを覚えさせます。また、あなたに(人に)身を預けても安心だと、覚えさせることにもなります。

簡単にできますが、しつけの大事な部分でもあるんです。

ですので、ここで私からあなたに質問です。

コーギーのおへそを見つけられましたか?

コーギーにもおへそがあります。人のようにへその穴はないですが、あります。スキンシップをしていればわかりますよ。ちなみに、成犬になっても残っていますよ。ヒントは、毛の流れです。人のつむじのようになっています。ほとんど答えですが・・・

これから暮らす社会になれさせましょう

犬種としての性格や親犬から引き継いだ性格もありますが、性格は育て方も大きく影響します。

コーギーの良さでもある、ものおじしない性格や、明るく好奇心旺盛、温和な性格、といったコーギーの魅力を育むみましょう。

子犬を抱っこして、徐々に庭先や近所など、家の外へ連れ出してあげ、近所から聞こえる音や、車の往来の音、いろいろな物を見せたり、近所の人に会わせたりすることで、社会性(特に人への信頼)や順応性が養われます。

これをしないと、シャイで臆病なコーギーになり、怖くて他人や他の犬にうなる、吠える、かんだりするようになります。

小さいお子さんがいるなら、必ず小さいお子さんと一緒に遊ばせましょう。

子供は予測できない動きや、力で触れたりします。犬はそのような動きが苦手ですから、早めになれさせておきましょう。もちろん、あなたと一緒にです。

成長するにつれ、お子さんのよい遊び相手にもなり、伝説にもあるように、妖精から子供へ贈られるくらいよい関係を築くことができる犬です。