愛犬が吐く(嘔吐する)-気になる症状の意味と観察のコツ

誰が見ても様子がおかしいと感じるので、気づきやすく、心配になりますよね。一方で、前にも吐いたけど大丈夫だったから…と判断してしまいやすい症状でもあります。

犬は私たちよりも吐きやすい動物で、生理現象で吐いているなど問題とならないケースのことも多いですが、その症状は、さまざまな病気が原因であることもあります。

そのため、愛犬が吐いた場合、(留守中の場合わかりませんが)どんな状況で吐いたのか、吐いた後の様子、どんな物を吐いたのかを観察するのを習慣にするといいでしょう。

観察のコツ

  • 1度だけなのか、それとも何回も繰り返し吐いているのか
  • 吐いた後の様子は?元気があるのか、食欲があるのか
  • 吐いた物に血や異物が混じっていないか
  • 何かをあさって口にした形跡がないか
  • 吐く以外に、下痢や発熱など他に症状はないか

吐いたのが一度だけなら、自宅で様子を見ても問題ないケース

急いで(あるいは慌てて)食べて、すぐ吐いた
犬は、もともと早食いですが、早食いしすぎで吐いたという場合です。この場合、吐いた後の様子も元気で、食欲もあり、吐いた物を食べてしまうこともあります。絶食・絶水しなくても大丈夫です。

ただし、食事のたびに未消化で吐く(吐き出し・吐出)場合は、食道や喉の病気の可能性がありますので、動物病院へ連れて行きましょう。

空腹時に白い泡状の液体や黄色い液体を吐いた
お腹がすいている状態の時に見られるので、食前や食餌の間隔が空きすぎた時に多く見られます。白い泡状の液体は胃液、黄色い液体は胆汁で、胃の中が空っぽの時間が長いとそれらが逆流して吐きます。空腹が原因であるので、絶食・絶水しなくても大丈夫です。

散歩中に、草を食べて吐いた
犬は、散歩中に草を食べて吐くことがあります。これは、草を食べ吐くことで、胃の調子を整えようとしている自然なことです。絶食・絶水しなくても大丈夫です。

食べ過ぎによるもの、ドッグフードを急に変えた
おやつをあげたのに、食事量がいつもと同じなど、食べ過ぎで消化不良を起こし、吐くこともあります。また、ドッグーフードを急に変えた場合も嘔吐することがあります。また、これらは、飼い主が注意すれば防げることですので注意しましょう。

吐いた直後はへこんだように元気が無く感じられますが、その後は普通に歩きまわるなど元気なことが多い。この場合は、少なくとも次の食事までは絶食で自宅で様子を見ます。お水をあげる場合はぬるい水で。

吐く以外に他に症状がなく、嘔吐物に異常もない、吐いた後も元気な場合
自宅で様子を見る場合、嘔吐は半日から1日は絶食・絶水で様子を見るのが基本ですので、少なくとも次の食事までは絶食と絶水で自宅で様子を見ます。

注意が必要なケース・すぐに病院へ連れて行くべきケース

ひとつでも当てはまる場合は、注意が必要または危険なケースですので、獣医に診てもらったほうがいいでしょう。

  • 繰り返し吐いている、もしくは食事のたびに吐いている(吐出)
  • 薬品類や犬にとって中毒性のものを食べた、あるいはその可能性がある(形跡がある)
  • 元気がなく動こうとしない、背中を丸めてうずくまっている(お腹が痛い時に見られる様子)
  • 吐いた物に血が混じっている、あるいは嘔吐物についた液体が茶色い
  • 吐いた物のなかに、与えていない食べ物や異物がある
  • 嘔吐物が便の臭いがする
  • 食事でもないのに、ダラダラとよだれを流し、おさまらない
  • 下痢、発熱、震え、など、吐く以外に他にも症状がある

異物の誤飲による症状、誤飲した薬物などによる中毒症状、病気が原因で吐いている可能性が高く、様子を見ている間に、吐く以外の激しい症状が出るなど様態が急変してしまうこともあります。

特に下痢や発熱、震えなど吐く以外に症状がある場合は、緊急性が高いのですぐに動物病院へ連れて行ってください。

箱やパッケージ、入っていた袋などの形跡から誤飲した可能性が疑われるなら、誤飲したかもしれない物がわかるもの(薬品類は成分がわかるもの)を持参し、嘔吐物から誤飲したものがわかるなら、獣医にそれを伝えましょう。