グレインフリーとの関連性が指摘されている拡張型心筋症ってどんな病気?

拡張型心筋症とはどんな病気なのか?

猫を飼っている方なら、拡張型心筋症が怖い病気なのはご存知かもしれません。

猫の場合はタウリン不足が原因になるのは有名ですが、実際には、犬も猫も原因はよくわかっていないとされています。

グレインフリーとの関連を警告をしている2018年7月のFDAの通知では、報告されている事例の中にはタウリン欠乏の犬もいれば、タウリンが正常な犬でもなっているということがわかっています。

グレインフリーとの関連を警告をしている2018年7月のFDAの通知については下記の記事で解説しています。
グレインフリー(穀物不使用)はまだ買うな!心臓病と関連が!

MEMO
昔は、タウリンが猫の栄養基準の必須栄養素ではなかったため、タウリン不足のキャットフードで拡張型心筋症になり命を落とすケースが多かった。今は必須栄養素になったので問題ありません。

犬の場合、遺伝的要因があると考えられています。

拡張型心筋症は、遺伝的になりやすい犬種というのがわかっています。

グレートデン、ボクサー、ニューファンドランド、アイリッシュウルフハウンド、セントバーナード、ドーベルマンピンシャーのような大型犬や超大型犬によくみられるとされています。

2018年7月のFDAの通知では、それが雑種を含む様々な犬種で発症していて、グレインフリーと関連しているかもしれない、異常な事態が起きている、と警告しているわけです。

食事に関連した拡張型心筋症は、グレインフリーを食べているコーギーでも発症するかもしれないということです。

また、犬ではドキソルビシン(抗がん剤)あるいはパルボウイルスによって誘発されることが知られています。

一般的には重い心臓病(命に関わる)とされる怖い病気

犬の拡張型心筋症は、簡単に言うと、心筋細胞の異常によって心臓が大きくなってしまい(拡張してしまい)、心臓のポンプ機能が低下してしまう病気です。

つまり、血液を正常に全身へ送ることができなくなってしまう病気です。

拡張型心筋症が原因で、血液の流れが滞ってしまう状態である、うっ血性心不全を招くこともあります。うっ血性心不全では、愛犬の生活の質が著しく低下します。

初期であれば、遺伝と関係ない場合であれば、適切な治療と食事管理で心臓の機能が改善する可能性がある、とFDAの通知では述べられています。

そのため、食事に関連した拡張型心筋症はどうなのかはわかりませんが、一般的に、拡張型心筋症の予後は思わしくありません。診断時の状況により異なりますが、余命は数か月単位という怖い病気です。

拡張型心筋症はどんな症状やサインがあるのか

初期では、飼い主が気づくことは難しいですが、症状やサインとしては次のようなものがあります。

  • 愛犬に元気がない、だるそう(倦怠感や疲労感)
  • 疲れやすい
  • 少しの散歩や運動で息が上がる
  • 呼吸困難
  • 咳をする

グレインフリーを与えていなくても、これらの症状がある場合は異常ですので、動物病院で診てもらいましょう。

グレインフリーを与えている場合はどうすればいいのか?

グレインフリーを与えていて、愛犬の健康状態が心配なら、FDAの通知と下記の獣医向け記事をプリントアウトし、事情を説明して、心臓に問題がないか獣医(専門医)に確認してもらったほうがいいでしょう。

ドッグフードは変更した方がいいでしょう。

少なくとも、愛犬にいつまでも健康で長生きしてもらいたいと思って選んだはずのドッグフードのはずです。

そのドッグフードが、健康どころか、心臓病との関連性を指摘されていて、疑惑が晴れていないのですから、もはや愛犬に与え続ける理由はないのでは?

ちなみに、グレインフリーに科学的に健康面で何か愛犬にメリットがあるかといえば、何もありません。

マメ類はタンパク質(植物性)が豊富ですが、意地悪な見方をすれば、ドッグフードのタンパク質量を質の低い植物性タンパク質で盛っている、こう見ることだってできます。

犬に必要なのは、必須アミノ酸を満たせる良質なタンパク質(動物性タンパク質)です。成分表示という見かけのタンパク質量も大事ですが、その源は何なのか、「質」にも注目して選ぶようにしましょう。

関連記事

グレインフリー(穀物不使用)はまだ買うな!心臓病と関連が!

リファレンス