実践!クレートトレーニングの具体的な手順

クレートとは、持ち運びできる犬小屋のようなものです。お店によっては、キャリーなどとして売られていることもあります。その代表ともいえるのがバリケンネル(バリケン)です。

コーギーは室内で飼うし、場所もとる、必要?そんな方に!ここでは、クレート(バリケン)のメリットとクレートトレーニングの方法を紹介します。

室内飼いだからこそ多くのメリットがある

クレートは、コーギーにとって快適な自分の寝床の役割をし、快適性と安全性をあなたとコーギーに提供してくれます。簡単に言えばコーギー専用のベッドルームです。

ただし、朝仕事へ行き、帰るまで入れておくなど、長時間入れたままにするのはやめましょう。

  • 母犬のように、コーギーが安心できる寝床(ベッドルーム)を与えることができる
  • 旅行や災害時など、どこに行っても安心できる場所を確保できる
  • ドライブが安全・簡単にでき、車内の抜け毛の掃除が楽
  • 主従関係を改善するのに役立つ(あなたが母犬・リーダーの役割をすることになる)
  • トイレのしつけ、警戒心からくる吠えを抑えるのに役立つ
  • コーギーだけでなく小さいお子さんやお客さんが来た時も安心

どうしても場所をとるのは、デメリットかもしれませんが、これだけのメリットがあるのに使わないのはもったいないです。しかも、クレートトレーニングはトイレのしつけを早く覚えさせるのにもとても役立ちます。

クレートトレーニングの方法

犬は、習性として自分の寝床や巣(外敵から身を守れる、安心して休める場所)を探したがります。身を寄せることのできる端っこや壁際など、たとえそれが家の中であっても変りません。

また、犬はそのような寝たり休んだりする場所(寝床・巣)を汚したくないので、そこでは排泄をしない習性があります。他にできる場所があるならそこで排泄します。トイレのしつけの時はこの習性を利用します。

室内には他にも快適な場所があるので、用意すれば勝手に休んでくれるというわけではありません。そのため、クレートが安心できる寝床・場所だと教えてあげるためのトレーニングが必要です。それがクレートトレーニングです。

トイレのしつけが終わっているなら簡単です。

クレートを好きになってもらいましょう

コーギーにとって安心して休める場所(寝床・巣)であることを教えるために、クレートに好印象(安心、褒める、楽しいことと関連付ける)を与えて、好きな場所になるようにしましょう。すでに、お気に入りのベッドがある場合は、ベッドをクレートの中に入れてあげると、自分から入りやすいです。

それから、まずは安心してくつろげる場所に置きましょう。クレートを覚えれば、置き場所は後から変えられますし、そこが利点です。

季節に応じて、タオルや毛布を敷いてクレートで快適に過ごせるようにしてあげましょう。また、夏の暑い日に、クレートで無理に休ませる必要はありません。

叱ったり、罰としてクレートを使わない

なかなか入らないからといって叱ったり、まだ警戒しているのに無理に押し込んだり、悪いことをしたから閉じ込めるといったように、罰としてクレートを決して使わないことです。

クレートを嫌なものとして関連づけてしまいます。そんなところで休めるはずがありません。

クレートは確かに、コーギーの行動を制限でき、その利点もありますが、閉じ込めるためにあるのではありません。少なくともコーギーにそう感じさせてはいけません。行動を制限する時に利用する場合、周りを警戒しないくてもいい場所に避難させるといった感じです。

例えば、掃除機嫌いなコーギーなら、掃除機をかけるから避難してね、という感じに。コタロウとチャコは指示しないと、掃除機のスイッチを入れた瞬間に一度は挑みます。それを見ているせいか、ネネは掃除機をかける準備をすると、「うわっ、嫌なのが来た」という感じにそそくさと自分から避難します。

クレートトレーニングの具体的手順(トイレのしつけが終わっている場合)

例として具体的な手順を一つ紹介します。入ったら、褒めてあげ、ご褒美をあげましょう。4.で終了してもOK!自分で入らなくても、指示で入って、休むならそれでも大丈夫。何が何でもクレートで休ませるトレーニングじゃないですし。

  1. クレートに自分から入るように、動機付けしてあげる
    おやつやおもちゃ、お気に入りのベッドあるいはクレート内に食事を入れて、コーギーが自分から入るように動機づけをしてあげ、クレートへ好印象を与えるようになれさせましょう。
  2. クレートに入る時に指示語「ハウス」と声をかける
    今度は、1と同じようにしてクレートに入れ、クレートに入る時に「ハウス」と声をかけ、指示語を覚えさせます。これを何回か繰り返し、あなたの指示でクレートに入るようにします。
  3. クレートのドアを閉め、閉めた状態で静かにしていられるよう、短い時間から徐々に慣らします
    1と2ができたら、今度はクレートに入ったら、ドアを閉めます。少し離れた場所へ行き、そのままにします。最初は5分から10分程度の短い時間からならします。静かにしていたら、出してあげましょう。鳴いたり、騒ぐことはよくありますので、コングを使うといいです。
  4. 徐々に時間を長くし、排泄時間には外に出してあげる
    徐々に時間を長くし、散歩や運動後、食後の排泄が終わった後などに入れ、クレートが休む場所(寝床)と覚えるようにしましょう。
  5. クレートのドアを開けたままにしておく
    寝床として覚えたら、ドアを開けっ放しにしておきましょう。自分から入って休むようになり、トイレなど自由に出入りできるよう、ドアは開けたままにしてあげます。
  6. 部屋を変えたり、車の中でもできるか確認しましょう
    環境が変ってもクレートで休めるようになります。「ハウス」の指示で入れるか確認しましょう。出来るようになったら、置き場所を変えても大丈夫。車の場合は最初から入れた状態、もしくは抱っこして車へ乗せ、入れてあげます。

注意点

車の場合、音や振動などで騒ぐ場合があります(この場合、騒ぐのを無視して運転に集中してください)ので、近場の公園(コーギーにとって楽しいことがある場所)までなど短い距離からならしましょう。車=楽しいことがあると印象付ければ、車などでの移動もより簡単になります。

扉を閉めると騒ぐ場合は、コングなど集中できるオモチャを使い、なるべく騒がないようにしてあげます。コングの中に入れるトリーツの取りやすさを変えることで、遊ぶ時間を調整できます。

騒いでいるからとすぐに出すと、出してもらいたくてすぐ騒ぐようになります。つまり鳴けば出してくれると覚えます。無視していれば静かになりますので、静かにしていたら褒めて出してあげます。