【重要】FDAがグレインフリーに警告

愛犬の皮膚と被毛のトラブルで飼い主ができること

愛犬の皮膚と被毛にトラブルがある時、真っ先にアレルギーなんじゃないかと思う方もいますが、可能性はあるけど実はアレルギーであることは少ない。

皮膚や被毛のトラブルで厄介なのは、皮膚病の中でもアレルギーです。

アレルギーといっても原因は様々ですが、犬に多いのは・・・

1.ノミアレルギー
2.食物アレルギー
3.接触性アレルギー
4.吸引性アレルギー、アトピー

ノミにかまれて、かゆがったり、被毛が抜けるのもアレルギー反応のひとつです。

他にも、真菌や感染性の皮膚病や寄生虫によるトラブルもあります。

では、皮膚と被毛のトラブルがある時、どうすればよいのか。

まず、獣医に見せ、症状や日頃の様子を詳しく伝えましょう。

その上で、アレルギーなのか、それともそれ以外の皮膚病なのかを確認しましょう。

アレルギーだとわかった場合、出来る限り原因をつきとめましょう。

食物であれば、食事やおやつの後にかゆがったり、症状が出るので、普段の様子からある程度見当がつけられます。

アレルギーを起こしやすい食物として一般的に知られているのものは、ミルク、チーズ、チキン、大豆、小麦、牛肉があります。

フードやおやつの原材料を確認し、食後にかゆがったり、反応が出てないか見てみましょう。

接触性のアレルギーの原因を調べるには、接触させてみるのが簡単な方法です。

食器の材質(食後、口の周りが赤みを帯びる)や、おもちゃ、首輪など。おなかなどに症状が出ている場合は、普段よく寝そべっているベッドやカーペット、ソファに原因がある可能性が高いでしょう。

犬が物に触れてアレルギー反応を示すようなら、それを犬から避けてあげます。

食べ物や犬が触れる物ではないなら、原因は花粉のように空気中から吸入するものかもしれません(アトピー)。

これは原因を特定するのが難しいので、獣医さんでも頭を抱えるかもしれません。考えられるものとしては、花粉、カビ、ハウスダスト、タバコの煙などです。

高いですが、動物病院で検査をすることもできます。獣医さんに相談してみましょう。