【重要】FDAがグレインフリーに警告

犬の【熱中症】飼い主ができる予防策と対処法

熱中症(ねっちゅうしょう)ってどんな病気?

熱中症は、夏の暑い日に部活中に倒れたなど、よくニュースで聞きますが、犬も気をつけたい病気です。

飼い主が気をつけてあげれば防ぐことができるので、対策が重要です。病気というよりは、飼い主として責任を持って管理しなければいけないことの一つだと思ってください。

気温が高く、湿度も高い、夏に多く、体温の調節が追いつかずに、体温が上がって、脱水症状や高熱が出た時のような症状がでます。

放置すると意識がなくなったり、死んでしまうこともあります。高体温状態が長く続くと一命を取り留めても後遺症が残る場合もあります。

気になる症状・サインと飼い主ができる予防策

夏場は舌を出し、呼吸がいつもより荒く、それが熱中症の症状なのかわかりにくこともありますが、コーギーが暑がっているサインであることには変わりありませんので、暑さ対策をするようにしましょう。

気になる症状・サイン

  • 高熱にうなされるように、呼吸が荒く、激しい
  • ボーっとして、ふらつく
  • 大量のよだれが出る
  • 目の充血や口の中の粘膜の赤味が強い
  • 元気がなく、ぐったりしている、応答が鈍い
  • 嘔吐または下痢をする

呼吸が荒い以外の症状がみられる場合は、熱中症の症状が進んでいると見た方がいいでしょう。直ちに身体を冷やし、移動中も冷やしてあげながら、動物病院へ連れていく必要があります。

熱中症の症状がある場合は、一刻も早く体温を下げてあげる必要があります。

エアコンや扇風機の風だけでなく、身体に水をかけたり、濡れタオルで覆う、濡れタオルで包んだ保冷剤を当てるなどして、必ず身体を直接冷やしてあげましょう。太い血管が通る首回りや脇、後足の付け根などを中心に冷やと効率よく体温を下げられます。

意識があり水分補給できるなら水分補給してあげます。

飼い主ができる予防策

犬は、舌を出しハァハァと呼吸しますが、その時の唾液の気化熱で体温を下げています。肉球以外に汗腺がないため、人のように汗をかいて、その気化熱で体温を下げることほとんどできません。そのため、犬は人よりも暑さが苦手とされます。

また、人と同じように湿度が高いと、舌を出しハァハァとしても、体温を下げにくくなりますので、湿度にも注意してあげます。

ではどのくらいなら注意しないといけないのか?

獣医師らの研究によると、気温22度、湿度60%の基準を超えると犬が熱中症になる可能性が高くなると言われています(2005/06/22付 朝日新聞)。夏場はもちろんですが、5月や6月、9月でも注意が必要な日があるということです。

これを一つの目安として覚えておき、気温と湿度に注意しながら、次のような場所・条件に気をつけてあげます。

  • 場所:風通しが悪く、熱・湿気がこもるような場所、直射日光が当たる場所、車内など気温以上に暑くなる場所
  • 条件:水分補給ができない、愛犬が身体を冷やせない(体温を下げにくい)、激しい運動あるいは散歩などの継続的な運動をする

こんな時は熱中症に特に気をつけてあげる
気温の変化に適応しにくい子犬やシニア犬、体力を消耗していたり影響を受けやすい病中病後の場合、心臓など循環器系の病気を患っている場合は特に気をつけてあげます。

また、太り気味・肥満の場合も、脂肪が多くあるせいで体温を下げにくく、心臓への負担も心配なので気をつけてあげましょう。コーギーにとって肥満は何一ついいことはありません。

コーギーだから注意したい点
コーギーは、脚が短いため地面に体がとても近く、アスファルトの照り返しや放射熱の影響を受けやすいので、日中に外へ出かけるのは避けましょう。炎天下の散歩・砂浜は厳禁です。

コタロウのようなトライカラーの場合、黒いの部分が日差しで熱くなりやすいので、注意してあげましょう。

家の中での熱中症対策の具体例

  • あなたが家にいてエアコンをつけない場合、風通しを良くし、扇風機や換気扇などで湿気がこもらないようにする。愛犬の様子を見て暑がっているなら、エアコンをつけたり、体を冷やしてあげる。
  • エアコンをつけるつけないに関わらず、クールマットなど身体を直接冷やせる熱中症対策グッズを積極的に利用する。
  • 留守中はもちろん、在宅中も、いつでも充分な水分補給ができるよう、常に水を置いておく。長時間留守にする場合は、水を二つ用意して、一つは氷を入れてあげる。
  • 子犬やシニア犬、病中病後の犬の場合、無理せずエアコンを使う。設定温度は25℃程度で大丈夫です。
  • 留守番をさせる時は、エアコンをつける。日差しが入る窓はカーテンを閉めて出かける。
  • 長時間留守にする場合は、停電時に備えて、帰宅するまで持つ保冷剤(アウトドア用)をタオルで包んだものを良く寝ている場所に置いておく。イタズラしそうな場合は、化粧ポーチのような袋状の物に入れる。

散歩をするときの対策の具体例

  • 散歩は気温が最も下がっている早朝か、夜にしてあげる。熱帯夜で気温が下がらない日や湿度が高い場合は、無理に散歩しない。
  • また、なるべく土や草の上を歩かせてあげたり、緑の多い場所を通るようにコースを変えたり、いつもより短めにしたりと工夫してあげる。

外出時の熱中症対策の具体例

夏の暑い日中に犬を外に連れて行かないのが一番の対策です。家族でレジャーへ一緒に出かける場合も、行き先はよく考えてあげましょう。

  • 極力アスファルトや直射日光のあたる場所にいるのは避け、水に濡らした犬用シャツを着せたり、対策グッズを装着してあげる。
  • アウトドア用の保冷剤、ペットボトルに入れた冷水(500mlを2本)、タオル、水を飲ませるための携帯容器は必ず持っていき、いつでも水分補給や体を水で冷やしてあげられるようにしておく。
  • 車で遠出をするときは、あなたとコーギーだけで行かないようにする。
  • 車内にひとりで置き去りにせず、エアコンをかけ、家族など同乗者に車内に残ってもらう。
  • あなた一人で車にコーギーを乗せて出かけるときは、途中、コーギーを車内に置き去りにしなくてもいいように、準備してから出かける(買い物やトイレ)。