【重要】FDAがグレインフリーに警告

【犬の椎間板ヘルニア】愛犬のために飼い主にできること

椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ)ってどんな病気?

コーギーをはじめ、ミニチュアダックスフンド、フレンチブルドッグのような軟骨異栄養性犬種がなりやすい病気です。言ってみれば、それらの犬種が抱える負の特徴です。

背骨(脊椎)は、たくさんの椎骨(ついこつ)という骨でできています。魚の中骨を思い出してください。骨に節のようなものがありますよね、その節を作っているのが椎骨です。その骨と骨の間にある軟骨が、椎間板です。

椎間板は、背骨にかかるショックを吸収したり、背骨がスムーズに動くために重要な役割をしています。

背骨に強い衝撃が加わったり、老化して、椎間板が突出する(外に飛び出す)と、椎間板に神経が押されて圧力がかかります。

そうすると、強い痛みや麻痺(まひ)を起こします。これがよく言われる椎間板ヘルニアです。

神経を圧迫されることで、激しい痛みや麻痺、重症になると、起き上がれなくなったり、自力で排泄するのが難しくなります。

コーギーの場合、腰については言われることが多いですが、そこだけではありません。実は、首(頚椎・けいつい)にも多く見られる病気です。首の場合、首が硬直し、前足の動きが不自由になります。食事の際に下にかがむのもつらくなります。

高いところから飛び降りたり、フライングディスクで着地に失敗した時など、急性であることが多く、いわゆる「ぎっくり腰」なのに椎間板ヘルニアだと診断されてしまうこともあります。

セカンドオピニオンにも診せ、しっかり検査をしてもらうことが大事です。メスを入れるにはリスクをよく考える必要があります。

気になる症状・サインと飼い主ができる予防策

気になる症状・サイン

外からの衝撃が原因である急性の場合、急に異常がみられるため、すぐに飼い主が気づくことが多いですが、老化による椎間板ヘルニアの場合、これらの症状が経過とともに複数あらわれてきます。

  • 背中を触られると、痛みがあるので、触られるのを嫌がったり、鳴いたりする
  • 階段や段差の昇り下り、散歩など運動するのをためらう、嫌がる
  • 後足の爪を地面に擦って歩いている(歩く時の音、爪の減り方、被毛の汚れ・擦れ)
  • 歩く時にふらつく、オスワリの姿勢から戻るときふらつく
  • 排便の時に、その姿勢が苦しそうで、うまく排便ができない(切れが悪い)
  • 頚椎の場合、食事の際、頭をかがめるのがつらそう、逆にあなたを見上げる姿勢がつらそう

動物病院では、症状によりグレード分けされ、各グレードにより内科・外科で回復率が異なり、各グレードにあった治療法が選択されます。

気になる症状・サインの補足
後足の爪を地面に擦って歩いているというのは、自分の足で試してみると、どこにサインがあるかわかりやすいでしょう。散歩の時や自宅へあげる前に足を拭いてあげる時にチェックします。

立っている時は地面に接しない爪の上部が減る感じです。爪が減るくらいですから、その部分の被毛も擦りきれて短くなっています。また、周辺の被毛が黒っぽく汚れやすくなります。

片方の後足だけに症状が出るのではなく、両足に症状が出ます。

似た症状の病気に変性性脊髄症がありますが、椎間板ヘルニアの多くは、急性で、痛みを伴うのが特徴です。神経への圧迫が重度の場合、麻痺して痛みがない場合もあります。

飼い主ができる予防策

飼い主にできる予防策の一つが肥満の防止です。おやつを控えめにしたり、おやつ分をフードから差し引くなど、太らせないようにし、BCS(ボディコンディショニングスコア)を使い管理してあげましょう。

また、年齢や体力に合わせて、日頃から散歩など適度な運動をさせて身体を支える筋力が衰えないようにしましょう。

無理に高い所から飛び降りさせないようにします。ボールなどを愛犬がジャンプしてキャッチしちゃうなら、バウンドしないものの方が安全でしょう。

独特の飛び方が魅力のフライングディスクを追わせるのはいいですが、競技会のようなフライングディスク遊びはお勧めしません。

フライングディスクで遊ぶなら、ジャンピングキャッチはさせないことです。低く地面に向かって投げたり、追いつく前に地面に落ちるように投げましょう。

競技会じゃありません。投げるのが下手と思われたって気にしないことです。

アスファルトは衝撃が吸収されにくいので、アスファルトで走らせるのをなるべく避けます。

室内では、滑りにくい床にしてあげます。滑りやすい床は、滑って転倒したり、それをこらえようとして思わぬ負荷がかかることがあります。子犬の場合、発育に影響することもありますので、滑らない歩きやすい床にしてあげます。

室内の滑り止めで、手軽にできて便利なのは、コルクマットやタイルカーペットです。汚れた部分だけを簡単に取り換えることができ、もとの床を傷つけることもありません。適度なクッション性もあるコルクマットはおすすめです。

また、愛犬の老化を止めることはできませんが、筋力の維持または低下を少しでも減らしてあげることはできると思います。

例えば、太り始めていないなら、シニアだからといって、フードの量は変える必要はありません。フードの量を減らす=筋肉の維持に必要なたんぱく質(アミノ酸源)を減らす、ということでもあります。

むしろ、老犬では、タンパク質の利用効率が悪くなるので、より多くの良質な動物性タンパク質を必要としていると言われます。そろそろ家の子もシニアかなと思ったら、動物性タンパク質を多くしてあげたり、犬用の天然アミノ酸サプリを与えることも考えてみては。