ヒルズk/d腎臓ケア・シチュー缶は療法食としてどうなの?

犬の慢性腎臓病の療法食であるヒルズ・プリスクリプション・ダイエット腎臓ケアk/dビーフ&野菜入りシチュー缶とチキン&野菜入りシチュー缶は療法食としてどうなの?

動物病院で処方されることも多く、主観的な感想はたくさん出てきますが、療法食として他と比べてどうなのか、わからないですよね。

どんな療法食なのかを知ることは、あなたの愛犬の予後すら左右しかねない重要なことです。

この記事では、慢性腎臓病の愛犬を持つ飼い主がヒルズk/dビーフ&野菜入りシチュー缶とチキン&野菜入りシチュー缶を誰よりも詳しく解説します。

あなた自身が、なるべく客観的にどんな療法食なのか理解できるように、分析値や原材料から療法食としての実力を丸裸にしてみました。

食べてくれる療法食で、愛犬のために何をしてあげるのがいいのかがわかるようになります。

食事であるので愛犬が食べてくるかどうかも大事ですが、こればっかりはあなたの愛犬次第なので省略します。

食事療法の最重要項目からレビューしてみた

慢性腎臓病の療法食あるいは食事療法では、量を制限した高品質なタンパク質、リンの制限、この二つが栄養学的に最も重要です。

しかし、愛犬の状態やステージ(進行度)によってどの程度制限すべきかは変わってきます。

そのため、療法食として与え続けるには、先を見越した長期的な視点が必要です。

ここでは、どのステージに適しているのか、参考になるよう、最重要項目のタンパク質とリンでレビューしてみます。

なお、ビーフ&野菜入りシチュー缶とチキン&野菜入りシチュー缶は、メインの原材料がビーフかチキンかが違うだけで、成分値に大きな違いはないため、シチュー缶として扱います。

食事としてはタンパク質、リンともに制限が厳しいが使い勝手が良い療法食

ヒルズk/dシチュー缶は、エネルギーを十分に摂取すればステージ3以降の愛犬の食事療法の中心として与えることもできます。

しかし、シビアな状態に(ステージ4)にない限りは、愛犬に必要なカロリーの全量を賄う給餌はおすすめはしません。タンパク質とリンの制限が厳しいからです。

タンパク質の制限が下限ギリギリでかなり厳しいです。

食事全体のタンパク質量を制限したい時に重宝しますが、もしこれだけを愛犬の食事として与える場合は、メーカーの給与量目安を下回る給餌は避けるべきです。

タンパク質不足から体重を維持できない(筋肉量が低下する)可能性があります。

リンもタンパク質と同様に少ないですが、リンについては問題視されることはなく、制限できていない方が問題になります。

リンは厳しいものの、ステージ3以降に適切なレベルに制限されています。

タンパク質源には良質なタンパク質源である動物性タンパク質のみを原材料に使用した療法食です。

一般的に、ドライフードよりもウェットフードの方が嗜好性が高い(食いつきがいい)ので、そのメリットもあります。

ヒルズk/dシチュー缶は、嗜好性(食いつき)を良くするためや、食事全体のタンパク質、リンの量を制限したい時に食事の一部を置き換えるために使うのがおすすめです。

タンパク質とリンが厳しく制限されているので、食べてくれるけど制限が不十分な他のメーカーの療法食との組み合わせもOKです。

慢性腎臓病の愛犬の飼い主として、最重要項目のタンパク質とリンでレビューすると結論としては以上のようになります。

では、もっと具体的にはどうなのか?

まずは、ヒルズk/dシチュー缶の基本的な情報を確認してみます。

基本情報

原材料

ビーフ&野菜入りシチュー缶

ビーフ、米、動物性油脂、ポーク、ライススターチ、グルコース、スクロース、チキンエキス、卵白、ニンジン、セルロース、魚油、ビートパルプ、亜麻仁、エンドウマメ、酵母、植物性油脂、小麦、ミネラル類、増粘多糖類、カラメル色素、ビタミン類(ビタミンE、ビタミンC、ベータカロテン、他)、アミノ酸類(アルギニン、スレオニン、タウリン、トリプトファン、リジン)、カルニチン

チキン&野菜入りシチュー缶

チキン、米、動物性油脂、ポーク、ライススターチ、グルコース、スクロース、チキンエキス、卵白、ビートパルプ、亜麻仁、ニンジン、魚油、セルロース、エンドウマメ、酵母、小麦、ミネラル類、増粘多糖類、アミノ酸類(アルギニン、スレオニン、タウリン、トリプトファン、リジン)、ビタミン類(ビタミンE、ビタミンC、ベータカロテン、他)、カルニチン

エネルギー

  • 【ビーフ】代謝エネルギー(ME):93kcal/100g
  • 【チキン】代謝エネルギー(ME):101kcal/100g
  • DERの計算式:112kcal×代謝体重

DER(1日あたりのエネルギー要求量)の計算式は、給与量の目安を見積もる時に、メーカーが採用しているであろう計算式です。

メーカーは愛犬の1日に必要なエネルギー量をどう計算して、給与量の目安としているのか、ということです。

FEDIAF栄養ガイドラインの計算式では、110kcal×代謝体重(体重の0.75乗)が、標準的な成犬(適度な活動量の中年の成犬)のエネルギー要求量です。

係数を使う計算式なら、避妊去勢済みの成犬の係数1.6相当です。ヒルズk/dはこの計算式を採用しています。1.6×RER=1.6×70kcal×代謝体重(体重の0.75乗)=112kcal×代謝体重となります。

100kcalあたりの栄養素

栄養素 ビーフ チキン
タンパク質 2.6g 2.5g
リン 44mg 43mg
ナトリウム 26mg 24mg
カリウム 158mg 158mg
脂質 3.2g 3.8g
炭水化物(NFE) 8.5g 8.2g
EPA+DHA 92mg 109mg

基本的な情報は以上です。

それでは、具体的にどんな療法食なのか、ステージごとのタンパク質とリン制限の目安と比べて、療法食としての実力を詳しく見てみましょう。

なお、タンパク質とリン制限の目安は、愛犬チャコの手作り療法食のために調べた情報を基に、制限の目安として適切と考えられるものを、療法食の比較がしやすいようにまとめたものです。

詳しくは以下の記事を参照してください。

犬の慢性腎臓病の療法食-タンパク質とリンの制限はどのくらいが適切?

タンパク質はどうなっている?

CKDの食事療法では、タンパク質は、量は制限しつつも、良質なタンパク質が求められます。

タンパク質の制限は非常に厳しく下限ギリギリ

  • 【ビーフ】のタンパク質は、100kcalあたり2.6gです。
  • 【チキン】のタンパク質は、100kcalあたり2.5gです。

比較表掲載の療法食(ウェット)のタンパク質は、100kcalあたり2.5g(最小)~9.8g(最大)です。

エネルギー要求量別ステージごとのタンパク質の目安

標準的な成犬(適度な活動量の中年の成犬、去勢・避妊済みの成犬)

ヒルズk/dシチュー缶を給与量の目安で与える場合が該当します。

  • ステージ1、2では、100kcalあたり4.2g~4.7g程度
  • ステージ3以降では、100kcalあたり3.4g前後
  • タンパク質の制限は100kcalあたり2.6gを下回らないこと

愛犬のエネルギー要求量を、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式110kcal×代謝体重、またはDER=1.6×RER=112kcal×代謝体重で計算して給与する場合です。

シニア犬

  • ステージ1、2では、100kcalあたり4.9g~5.4g程度
  • ステージ3以降では、100kcalあたり3.9g前後
  • タンパク質の制限は100kcalあたり3.0gを下回らないこと

愛犬のエネルギー要求量を、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式95kcal×代謝体重、またはDER=1.4×RER=98kcal×代謝体重で計算して給与する場合です。

解説

ヒルズk/dシチュー缶は、給与量の目安や標準的な成犬、シニア犬、どのエネルギー要求量で与える場合も、早期ステージはもちろん、ステージ3以降にも制限が厳しいです。

目安では下限に少しだけ余裕を設けていますが、シニアのエネルギー要求量で給餌する場合は、制限の下限を下回ってしまいます。

タンパク質量を考えると、ヒルズk/dシチュー缶は、愛犬の食事として必要なカロリーの全量を賄う給餌をするのはおすすめしません。

もし愛犬の食事のすべてを賄う場合は、メーカーの給与量目安(標準的な成犬と同じ)を下回る給餌は避けた方がいいでしょう。タンパク質不足になる可能性があるので、十分なエネルギー摂取は必須です。

ドライフードに混ぜる(カロリーの一部を置き換える)ことで、食事全体のタンパク質を減らすことができ、嗜好性も高めることができます。

良質なタンパク質源である動物性タンパク質のみを使用している

アミノ酸のバランス(アミノ酸スコア)が良いものは、愛犬の体での利用効率が良く、余分な老廃物となるものが少ないとされます。生物価が高い、とも表現されます。

一般に、大豆などを除く植物性のタンパク質は、動物性のタンパク質に比べ栄養的価値は低いとされます。

肉や魚、卵、大豆などはアミノ酸スコアが良く、消化吸収率の良い「良質なたんぱく質」です。

  • 【ビーフ】の主なタンパク質源は、ビーフ、ポーク、卵白です。
  • 【チキン】の主なタンパク質源は、チキン、ポーク、卵白です。

エンドウマメもタンパク質源になり得ますが、原材料の順番からすると、主なタンパク質源とまではいかないでしょう。

タンパク質源としてはどちらも動物性タンパク質のみを使っているといえます。良質なタンパク質を使った療法食です。

リンはどうなっているのか?

リンの制限は、慢性腎臓病の進行を遅らせることが示されているため、食事療法では最も重要な栄養素です。

ステージ3以降に適切なレベルに制限されている

  • 【ビーフ】のリンは、100kcalあたり44mgです。
  • 【チキン】のリンは、100kcalあたり43mgです。

比較表掲載の療法食(ウェット)のリンは、100kcalあたり43mg(最小)~244mg(最大)です。

エネルギー要求量別ステージごとのリン制限の目安

標準的な成犬(適度な活動量の中年の成犬、去勢・避妊済みの成犬

ヒルズk/dシチュー缶を給与量の目安で与える場合が該当します。

  • ステージ1、2では100kcalあたり80mg~100mg程度
  • ステージ3以降では100kcalあたり68mg以下

愛犬のエネルギー要求量を、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式110kcal×代謝体重、またはDER=1.6×RER=112kcal×代謝体重で計算して給与する場合です。

シニア犬

  • ステージ1、2では100kcalあたり91mg~117mg程度
  • ステージ3以降では100kcalあたり79mg以下

愛犬のエネルギー要求量を、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式95kcal×代謝体重、またはDER=1.4×RER=98kcal×代謝体重で計算して給与する場合です。

解説

ヒルズk/dシチュー缶は早期ステージではリンの制限が厳しすぎるかもしれません。

標準的な成犬、シニア、どちらのエネルギー要求量で与えても、かなり制限が厳しいですが、ステージ3以降、特に制限が厳しくなるステージ4には十分にリン制限がされた療法食といえます。

愛犬の食事療法食として、別途リン対策をせずに、そのまま与えることができるレベルです。

ドライフードに混ぜる(カロリーの一部を置き換える)ことで、食事全体のリンを減らすことができ、嗜好性も高めることができます。

愛犬の状態次第では重要になってくる栄養素もチェック

愛犬の検査結果や症状から獣医の指示がある場合は、制限が必要になる栄養素についてもどうなっているのか、知っておいた方がいいでしょう。

ナトリウム・カリウム

ナトリウム

  • 【ビーフ】は、100kcalあたり26mgです。
  • 【チキン】は、100kcalあたり24mgです。

比較表に掲載の療法食(ウェット)のナトリウムは、100kcalあたり24mg(最小)~142mg(最大)です。

カリウム

【ビーフ】【チキン】ともに、100kcalあたり158mgです。

比較表に掲載の療法食(ウェット)のカリウムは、100kcalあたり107mg(最小)~270mg(最大)です。

ナトリウムとカリウムについては、どの程度が慢性腎臓病の愛犬にとって適切なレベルなのかは正直わかりません。

実際には、愛犬の状態を検査でモニタリングしながら対処することになると思います。

参考情報
臨床研究で予後の改善に有効であることが確認された療法食のナトリウムとカリウムは

  • ナトリウム:100kcalあたり40.5mg
  • カリウム:100kcalあたり83.3mg

比較表に掲載している療法食では、カリウムはすべてこれよりも多くなっています。ヒルズも現在は研究当時のものよりも多くなっているので、カリウムに関しては参考にならないかもしれません。

脂質

  • 【ビーフ】は製品100gあたり3.6g、100kcalあたり3.2gです。
  • 【チキン】は製品100gあたり3.8g、100kcalあたり3.8gです。

比較表掲載の療法食(ウェット)の脂質は、100kcalあたり2.6g(最小)~9.5g(最大)です。

チキンの方が若干脂質が多いため、カロリーも高くなっています。

脂質の制限を指示されている場合は、愛犬の療法食として与えることは出来ません。

炭水化物(可溶性無窒素物:NFE)

  • 【ビーフ】は、製品100gあたり7.9g、100kcalあたり8.5gです。
  • 【チキン】は、製品100gあたり8.4g、100kcalあたり8.2gです。

※炭水化物はメーカーが公表しているもの以外は差し引き法による推定です。ドッグフード全体から、保証分析値の水分、タンパク質、脂質、灰分、食物繊維(粗繊維)を差し引いたもの(可溶性無窒素物:NFE)を炭水化物として推定しています。

食事療法にはほぼ必須!愛犬をサポートする成分はどうなっている?

愛犬にとってプラスの要素、つまり腎機能をサポートしてくれることが研究で示されている成分です。

これらはサプリメントなどで補うことができるので、療法食での優先度は高くありませんが、食事療法にはほぼ必須と考えた方がいいでしょう。

EPA+DHA

ヒルズk/dシチュー缶はどちらもEPAとDHAの供給源となる魚油が原材料に使用されています。

  • 【ビーフ】は、100kcalあたりEPAが48.4mg、DHAが43.2mg、EPA+DHAは100kcalあたり92mgになります。
  • 【チキン】は、100kcalあたりEPAが57.1mg、DHAが51.8mg、EPA+DHAは100kcalあたり109mgになります。

EPA+DHAの合計は小数点以下を四捨五入しています

EPA+DHAの慢性腎臓病向け用量
  • 代謝体重(kgBW0.75)あたりEPA+DHAで140mg
  • 100kcalあたりだとEPA+DHAは105mg~127mgになります。

ヒルズk/dシチュー缶【ビーフ】は、EPA+DHAの慢性腎臓病向け用量よりやや少ないですが、どちらも十分な量が配合されていると言えるでしょう。

腸内環境を整える働きがある成分

プレバイオティクスの供給源となる水溶性食物繊維を豊富に含むビートパルプが原材料として使われています。

ビートパルプには不溶性の食物繊維と水溶性の食物繊維であるペクチンが豊富に含まれ、プレバイオティクスの成分である水溶性(可溶性)食物繊維の供給源になります。

抗酸化物質

ベータカロテンが豊富なニンジン、抗酸化物質であるリグナンが豊富な亜麻仁、ベータカロテン、ビタミンCが原材料に使用されています。

その他原材料、療法食に特徴的な成分等

酵母:酵母にはビタミンB群やミネラルが幅広く含まれ、タンパク質(必須アミノ酸源)や食物繊維も含まれています。

そのため、マルチビタミン・ミネラルサプリの原材料としても使われ、犬用のマルチビタミンサプリも酵母が原材料に使用されています。

生きた酵母であればプロバイオティクスも期待できますが、特に説明がない場合は残念ながら期待できません。


カルニチン:脂質の代謝に必要不可欠なアミノ酸です。脂質からエネルギーを作り出すのに欠かせない成分です。

カルニチンは特に動物性原材料から摂取され、肝臓や腎臓で、アミノ酸のリジンとメチオニンから合成されるので、通常は補う必要はなく、必須栄養素でもありません。

慢性腎臓病の療法食ではタンパク質(アミノ酸源)を制限する必要があるため、動物性原材料も制限されますので、十分な量を確保するために補われます。


タウリン:心臓や筋肉などに多く存在し、さまざまな臓器や組織にも存在する成分であるため、生命に重要な成分と考えられています。

犬は体内でアミノ酸のシステインやメチオニンから合成できるため、不足することはないと考えられ、必須とはなっていません。

不足すると、拡張型心筋症を引き起こすことが知られ、心筋の機能に重要とされています。

慢性腎臓病の療法食では、体内で合成するのに必要なアミノ酸(タンパク質)とリンを制限する必要があるため、動物性原材料も制限されますので、十分な量を確保するために補われます。


以上でヒルズk/dビーフ&野菜入りシチュー缶とチキン&野菜入りシチュー缶の説明は終了です。非常に長くなりましたね。お疲れ様でした。

お大事になさってください。