ブルーバッファローKS(ウェット)は療法食としてどうなの?

犬の慢性腎臓病の療法食であるブルーバッファローKS(ウェット)は療法食としてどうなの?

メーカーや販売店のHPを見ても同じことが載っているだけで、それが療法食としてどうなのか、わからないですよね。

ウェットフードはドライフードよりもメーカーによる違いが大きく、どんな療法食なのかを知ることは、あなたの愛犬の予後すら左右しかねない重要なことです。

この記事では、慢性腎臓病の愛犬を持つ飼い主がブルーバッファローKS(ウェット)を誰よりも詳しく解説します。

あなた自身が、なるべく客観的にどんな療法食なのか理解できるように、分析値や原材料から療法食としての実力を丸裸にしてみました。

食事療法の最重要項目からレビューしてみた

慢性腎臓病の療法食あるいは食事療法では、量を制限した高品質なタンパク質、リンの制限、この二つが栄養学的に最も重要です。

しかし、愛犬の状態やステージ(進行度)によってどの程度制限すべきかは変わってきます。

そのため、療法食として与え続けるには、先を見越した長期的な視点が必要です。

ここでは、どのステージに適しているのか、参考になるよう、最重要項目のタンパク質とリンでレビューしてみます。

タンパク質量の割にリンは高めで食事全体のリン量に注意が必要

メーカーは栄養補助の目的での使用としているように、ブルーバッファローKS(ウェット)は、食材の一つとして手作りや他のフードと調整するために使う療法食です。

リンの成分値には幅があり、常に最大値であることはないにしても、タンパク質量の割にリンが高めです。リン/タンパク質比(mg/g)が高い療法食あるいは食材と言えます。

リン/タンパク質比
人の慢性腎臓病の食事療法でよく使われるタンパク質源選びの目安のようなもので、タンパク質1gあたりのリン量(mg)を意味します。

リンを制限しながら愛犬に必要なタンパク質量は満たさなければなりませんが、リン/タンパク質比が高い食材を使うと、タンパク質量を確保しながらリンを制限するのが難しくなります。

そのため、基本的にタンパク質量のわりにリンが高い食材は量に注意するか、避ける食材です。

ドライフードと混ぜる場合は、制限の目安程度になるようリンの量に注意が必要で、リンが高いフードとの組み合わせはできないでしょう。

また、KS(ウェット)を愛犬の食事の中心にすると、リンが高くなりやすく、食事でのリン制限が難しくなるでしょうから、愛犬の食事の中心として与えるのは避けた方がいいです。

メーカーの給与量目安での給餌は愛犬の食事の中心となる量になっていて、リンが高くなるので、おすすめできません。

低タンパク質、低脂肪ですから、愛犬の食事のタンパク質や脂質を減らしたい場合などに、愛犬の食事のカロリーの一部をブルーバッファローKS(ウェット)に置き換える使い方が考えられます。

ただ、与える場合は、食事全体のリン量を計算して、与える量を調整する必要がある療法食です。

慢性腎臓病の愛犬の飼い主として、最重要項目のタンパク質とリンでレビューすると結論としては以上のようになります。

では、具体的にはどうなのか?

まずは、ブルーバッファローKS(ウェット)の基本的な情報を確認してみます。

基本情報

ブルーバッファローKS(ウェット)はグレインフリー(穀物不使用)の療法食です。

穀物にアレルギーや不耐症がある犬にはメリットですが、それ以外はグレインフリーであることに科学的なメリットはありません。

タンパク質の制限が必要な慢性腎臓病の犬にとって、主なエネルギー源として炭水化物(糖質)は重要になります。グレインフリーはその供給源を制限することになります。

原材料

鶏肉、チキンスープ、馬鈴薯でんぷん、馬鈴薯、人参、エンドウマメ、エンドウ繊維、鶏脂、亜麻仁、タンパク加水分解物、魚油(オメガ-3脂肪酸源、混合トコフェロールにて酸化防止)、ブルーベリー、クランベリー、増粘多糖類(グァーガム、カラギーナン、カシアガム)、ミネラル類、ビタミン類

原材料名のタンパク加水分解物はアメリカのメーカー公式の原材料には存在しません。

タンパク加水分解物の位置にある原材料は「Natural Flavor」です。植物由来(野菜や果物、種子あるいは発酵産物)のフレーバーです。

タンパク加水分解物とは、タンパク質を消化吸収しやすくしたアミノ酸やペプチドのことですが、原材料にあるのとないのとではタンパク質量が異なります。

ところが、成分値はアメリカとまるっきり同じです。タンパク加水分解物は含まれていないでしょう。

ドライタイプでも「Natural Flavor」を誤解を招きそうな表記をしています。フレーバーを使用しているのを隠したいのでしょうか?

別に問題のある原材料ではないのですが、おかしなドッグフードサイトが多いせいかもしれませんね。

慢性腎臓病の犬は、病気の進行に伴い、好みが変化する犬も結構いるので、食べてくれるよう嗜好性に配慮するのはむしろ評価できる点です。

エネルギー

  • 代謝エネルギー(ME):94kcal/100g
  • DERの計算式:栄養補助の目的での使用のため該当しない

DER(1日あたりのエネルギー要求量)の計算式は、給与量の目安を見積もる時に、メーカーが採用しているであろう計算式です。

メーカーは愛犬の1日に必要なエネルギー量をどう計算して、給与量の目安としているのか、ということです。

ブルーバッファローKS(ウェット)は栄養補助の目的で使用する療法食なので、給与量の目安はあってないようなものです。

注意
メーカーの給与量目安は、愛犬の1日に必要なエネルギー量をすべてKS(ウェット)だけで賄うことを想定した給与量の目安ではありません。

100kcalあたりの栄養素

栄養素 100kcalあたり
タンパク質 3.2g
リン 84mg~211mg
ナトリウム 32mg~84mg
カリウム 非公表
脂質 2.6g
炭水化物(NFE) 12.1g
EPA+DHA 211mg(オメガ3合計)

基本的な情報を確認したので、次はそれをもとに具体的にどんな療法食なのか、療法食としての実力を詳しく見てみましょう。

ブルーバッファローKS(ウェット)は、栄養補助の目的での使用になりますので、ステージごとのタンパク質とリン制限の目安は参考情報としてください。

なお、タンパク質とリン制限の目安は、愛犬チャコの手作り療法食のために調べた信頼できる情報を基に、制限として適切と考えられるものを療法食の比較がしやすいようにまとめたものです。

詳しくは以下の記事を参照してください。

犬の慢性腎臓病の療法食-タンパク質とリンの制限はどのくらいが適切?

タンパク質はどうなっているのか?

CKDの食事療法では、タンパク質は、量は制限しつつも、良質なタンパク質が求められます。

タンパク質が少なめですが、ステージ3以降に適切なレベル(参考情報)

ブルーバッファローKS(ウェット)のタンパク質は、100kcalあたり3.2gです。

比較表掲載の療法食(ウェット)のタンパク質は、100kcalあたり2.4g(最小)~9.8g(最大)です。

製品100gあたり3gです。

エネルギー要求量別ステージごとのタンパク質の目安

メーカーの説明通り、栄養補助の目的での使用になりますので、愛犬のエネルギー要求量のすべてを、ブルーバッファローKS(ウェット)だけで賄う給餌はできません。

標準的な成犬(適度な活動量の中年の成犬、去勢・避妊済みの成犬)

  • ステージ1、2では、100kcalあたり4.2g~4.7g程度
  • ステージ3以降では、100kcalあたり3.4g前後
  • タンパク質の制限は100kcalあたり2.6gを下回らないこと

愛犬のエネルギー要求量を、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式110kcal×代謝体重、またはDER=1.6×RER=112kcal×代謝体重で計算して給与する場合です。

シニア犬

  • ステージ1、2では、100kcalあたり4.9g~5.4g程度
  • ステージ3以降では、100kcalあたり3.9g前後
  • タンパク質の制限は100kcalあたり3.0gを下回らないこと

愛犬のエネルギー要求量を、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式95kcal×代謝体重、またはDER=1.4×RER=98kcal×代謝体重で計算して給与する場合です。

解説

あくまでも参考としてですが、ブルーバッファローKS(ウェット)のタンパク質量は、標準的な成犬のエネルギー要求量で与える場合、ステージ3以降に適しています。

また、シニア犬のエネルギー要求量で与える場合は少ないですが、適切と言えるレベルでしょう。

ブルーバッファローKS(ウェット)のタンパク質は低く制限されています。

良質なタンパク質を使っている療法食

アミノ酸のバランス(アミノ酸スコア)が良いものは、愛犬の体での利用効率が良く、余分な老廃物となるものが少ないとされます。

一般に、大豆などを除く植物性のタンパク質は、動物性のタンパク質に比べ栄養的価値は低いとされます。

肉や魚、卵、大豆などはアミノ酸スコアが良く、「良質なたんぱく質」です。

主なタンパク質源は、鶏肉、エンドウマメです。

エンドウマメは植物性のタンパク質源ですが、アミノ酸をバランスよく含んでいるため、アミノ酸スコアが高く、アルギニンも豊富です。

調理前の状態(豆は通常乾燥した状態)では100gあたりのタンパク質量は肉並みにありますが、リンは肉よりも多いです。

エンドウマメのタンパク質は、最近は筋肉量を増やしたい人にもピープロテインとして注目されています。

良質なタンパク質を使った療法食です。

リンはどうなっているのか?

早期ステージには適したリン量(参考情報)

ブルーバッファローKS(ウェット)のリンは、100kcalあたり84mg以上、210mg以下です。

比較表掲載の療法食(ウェット)のリンは、100kcalあたり43mg(最小)~244mg(最大)です。

製品100gあたり80mg以上200mg以下になります。

エネルギー要求量別ステージごとのリン制限の目安

メーカーの説明通り、栄養補助の目的での使用になりますので、愛犬のエネルギー要求量のすべてを、ブルーバッファローKS(ウェット)だけで賄う給餌はできません。

標準的な成犬(適度な活動量の中年の成犬、去勢・避妊済みの成犬

  • ステージ1、2では100kcalあたり80mg~100mg程度
  • ステージ3以降では100kcalあたり68mg以下

愛犬のエネルギー要求量を、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式110kcal×代謝体重、またはDER=1.6×RER=112kcal×代謝体重で計算して給与する場合です。

シニア犬

  • ステージ1、2では100kcalあたり91mg~117mg程度
  • ステージ3以降では100kcalあたり79mg以下

愛犬のエネルギー要求量を、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式95kcal×代謝体重、またはDER=1.4×RER=98kcal×代謝体重で計算して給与する場合です。

解説

ドライ、ウェットともにブルーバッファローKSは保証分析値として成分値に幅があることも公表しています。

親切ではありますが、飼い主からすると、どの位になるのか見当がつかず困りますね。

ちなみに、アメリカの公式HPでは最小値で掲載しています。

他のメーカーが公表しているリンの数値は、メーカーが平均や標準値と言っていない限り、おそらく最小値(○○%以上)でしょう。

比較表では中間の値を掲載していますが、他のメーカーと同じように最小値で判断するかどうかはあなた次第です。

あくまでも参考としてですが、ブルーバッファローKS(ウェット)のリン量(最小値)は、標準的な成犬、シニア犬、どちらのエネルギー要求量で与える場合も、早期ステージには適していますが、ステージ3以降には多いです。

食材として見た場合、ブルーバッファローKS(ウェット)のリンは一見すると低く感じますが、タンパク質の量を考えると、決して低くはありません。

一般的にタンパク質1gに含まれるリンは15mgとされています。

KS(ウェット)は、タンパク質1gあたり約27mgのリン量(最小値)ですから、リンが多いとされるレバーよりもリン/タンパク質比は高いです。

タンパク質量のわりにリンが高い食材ですので、量に注意が必要で、もしくは避けるのが無難です。

愛犬の状態次第では重要になってくる栄養素もチェック

愛犬の検査結果や症状から獣医の指示がある場合は、制限が必要になる栄養素についてもどうなっているのか、知っておいた方がいいでしょう。

ナトリウム・カリウム

ナトリウムは100kcalあたり32mg以上84mg以下です。ドライでは最大値での掲載になっていますので、比較表でも最大値を掲載しています。製品100gあたり30mg以上80mg以下です。

比較表に掲載の療法食(ウェット)のナトリウムは、100kcalあたり24mg(最小)~142mg(最大)です。

カリウムは非公表です。

比較表に掲載の療法食(ウェット)のカリウムは、100kcalあたりで107mg(最小)~270mg(最大)です。

ナトリウムとカリウムについては、どの程度が慢性腎臓病の愛犬にとって適切なレベルなのかは正直わかりません。

実際には、愛犬の状態を検査でモニタリングしながら対処することになると思います。

参考情報
臨床研究で予後の改善に有効であることが確認された療法食のナトリウムとカリウムは

  • ナトリウム:100kcalあたり40.5mg
  • カリウム:100kcalあたり83.3mg
比較表に掲載している療法食では、カリウムはすべてこれよりも多くなっています。ヒルズも現在は研究当時のものよりも多くなっているので、カリウムに関しては参考にならないかもしれません。

脂質

脂質は製品100gあたり8.9g、100kcalあたり2.6gです。

ウェットフードの中でも最も脂質が低くなっています。

比較表掲載の療法食(ウェット)の脂質は、100kcalあたり2.6g(最小)~9.5g(最大)です。

脂質が低い療法食ですので、脂質の制限を指示されている場合は、候補の一つになりますが、獣医に相談が必要です。

炭水化物(可溶性無窒素物:NFE)

炭水化物は、製品100gあたり11.4g、100kcalあたり12.1gです。

※炭水化物はメーカーが公表しているもの以外は差し引き法による推定です。ドッグフード全体から、保証分析値の水分、タンパク質、脂質、灰分、食物繊維(粗繊維)を差し引いたもの(可溶性無窒素物:NFE)を炭水化物として推定しています。

食事療法にはほぼ必須!愛犬をサポートする成分はどうなっている?

愛犬にとってプラスの要素、つまり腎機能をサポートしてくれることが研究で示されている成分です。

これらはサプリメントなどで補うことができるので、療法食での優先度は高くありませんが、食事療法にはほぼ必須と考えた方がいいでしょう。

EPA+DHA

EPAとDHAの供給源となる魚油が使用されています。混合トコフェロールにて酸化防止もされています。

EPAとDHAの成分値はなく、オメガ3脂肪酸合計で100kcalあたり211mgです。

EPA+DHAの慢性腎臓病向け用量
  • 代謝体重(kgBW0.75)あたりEPA+DHAで140mg
  • 100kcalあたりだとEPA+DHAは105mg~127mgになります。

腸内環境を整える働きがある成分

馬鈴薯、人参は水溶性食物繊維が豊富ですが生の原材料では水分が大部分を占めます。そのため多くはないでしょうが、プレバイオティクスの供給源になります。

増粘多糖類のグァーガムも配合量は少量でしょうが、水溶性食物繊維が豊富ですのでプレバイオティクスにも役立っているかもしれません。

グアーガムは、水に溶かすと少量でも非常に高粘度になる成分で、原材料にチキンスープがあることから、とろみを出す(ゲル状にする)ために使用されています。

エンドウ繊維は、ほとんどが不溶性食物繊維ですが、善玉菌のエサになる水溶性食物繊維も含まれているので、多少は供給源として貢献しているかもしれません。

抗酸化物質

亜麻仁はリグナンが豊富に含まれ抗酸化物質の供給源になります。

ブルーベリー、クランベリーはその色素がポリフェノールの一種で、抗酸化物質の供給源になります。

エンドウマメ、エンドウ繊維にもポリフェノールが含まれるかもしれません。

その他原材料、療法食に特徴的な成分等

原材料の増粘多糖類(グァーガム、カラギーナン、カシアガム)は、液体のチキンスープが使われているので、とろみをつけるためのものです。


以上でブルーバッファローKS(ウェット)の説明は終了です。非常に長くなりましたね。お疲れ様でした。

お大事になさってください。