スペシフィックCKDは療法食としてどうなの?

犬の慢性腎臓病の療法食であるスペシフィックCKDは療法食としてどうなの?

あまり耳馴染みのないメーカーですので、気になりますよね。

この記事では、慢性腎臓病の愛犬を持つ飼い主がスペシフィックCKDを誰よりも詳しく解説します。

あなた自身が、なるべく客観的にどんな療法食なのか理解できるように、分析値や原材料から療法食としての実力を丸裸にしてみました。

食べてくれる療法食で、愛犬のために何をしてあげるのがいいのかがわかるようになります。

食事であるので愛犬が食べてくるかどうかも大事ですが、こればっかりはあなたの愛犬次第なので省略します。

食事療法の最重要項目からレビューしてみた

慢性腎臓病の療法食あるいは食事療法では、量を制限した高品質なタンパク質、リンの制限、この二つが栄養学的に最も重要です。

しかし、愛犬の状態やステージ(進行度)によってどの程度制限すべきかは変わってきます。

そのため、療法食として与え続けるには、先を見越した長期的な視点が必要です。

ここでは、どのステージに適しているのか、参考になるよう、最重要項目のタンパク質とリンでレビューしてみます。

ステージ3以降の愛犬に適した療法食ですが、カリウムに注意が必要

スペシフィックCKDは、ステージ3以降の愛犬の療法食として、タンパク質とリンは適切なレベルに制限されています。

しかし、スペシフィックCKDは、慢性腎臓病だけでなく、心臓病や肝臓病の犬も対象として作られています。

そのため、その処方が慢性腎臓病の愛犬には適さない可能性があります。

カリウムが増量されているため、療法食(ドライ)の中で最もカリウム量が多く、獣医への相談が必要です。

また、タンパク質は療法食(ドライ)の中で最も低く、給与量を減らす場合には注意が必要です。

タンパク質の供給源にはジャガイモ蛋白が原材料のトップにあり、それを補う形で良質なタンパク質源である動物性原材料が使われている療法食です。

タンパク質とリンだけなら、十分に制限のされたステージ3以降の愛犬に適した療法食ですが、カリウムが高いこと、給与量の減量に注意が必要な療法食です。

慢性腎臓病の愛犬の飼い主として、最重要項目のタンパク質とリンでレビューすると結論としては以上のようになります。

では、具体的にはどうなのか?

まずは、スペシフィックCKDの基本的な情報を確認してみます。

基本情報

原材料

トウモロコシでんぷん、小麦、米、魚油、動物油脂(豚)、ジャガイモ蛋白、卵、ナンキョクオキアミ、ミネラル類(Ca、K、Na、I、Fe、Zn、Cu)、魚粉、蛋白加水分解物( 家禽)、ホエイパウダー、粉末セルロース、ビタミン類(VA、VB1、VB2、VB6、VB12、ナイアシン、コリン、パントテン酸、ビオチン、葉酸、VD3、VE、VK)、ゼオライト、クエン酸カリウム、タウリン、L-カルニチン、メチオニン、酸化防止剤:BHA、BHT

エネルギー

  • 代謝エネルギー(ME):420kcal/100g
  • DERの計算式:100kcal×代謝体重

100gあたりの代謝エネルギーが高いので、他の療法食よりも少ない量で愛犬に必要なエネルギーを満たすことができます。量をあまり食べられない愛犬に向いています。

DER(1日あたりのエネルギー要求量)の計算式は、給与量の目安を見積もる時に、メーカーが採用しているであろう計算式です。

メーカーは愛犬の1日に必要なエネルギー量をどう計算して、給与量の目安としているのか、ということです。

FEDIAF栄養ガイドラインの計算式では、110kcal×代謝体重(体重の0.75乗)が、標準的な成犬(適度な活動量の中年の成犬)のエネルギー要求量です。

係数を使う計算式なら、避妊去勢済みの成犬の係数1.6相当です。1.6×RER=1.6×70kcal×代謝体重(体重の0.75乗)=112kcal×代謝体重

シニアでは、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式95kcal×代謝体重、またはDER=1.4×RER=98kcal×代謝体重になります。

スペシフィックCKDはシニアよりもやや多いエネルギー要求量で計算されています。

100kcalあたりの栄養素

栄養素 100kcalあたり
タンパク質 3.2g
リン 60mg
ナトリウム 30mg
カリウム 280mg
脂質 3.8g
炭水化物(NFE) 13.2g
EPA+DHA 400mg

基本的な情報を確認したので、次はそれをもとに具体的にどんな療法食なのか、ステージごとのタンパク質とリン制限の目安と比べて、療法食としての実力を詳しく見てみましょう。

なお、タンパク質とリン制限の目安は、愛犬チャコの手作り療法食のために調べた信頼できる情報を基に、制限として適切と考えられるものを療法食の比較がしやすいようにまとめたものです。

詳しくは以下の記事を参照してください。

犬の慢性腎臓病の療法食-タンパク質とリンの制限はどのくらいが適切?

タンパク質はどうなっているのか?

CKDの食事療法では、タンパク質は、量は制限しつつも、良質なタンパク質が求められます。

給与量の目安で与える場合はステージ3以降には適切

スペシフィックCKDのタンパク質は、100kcalあたり3.2gです。

比較表掲載の療法食のタンパク質は、100kcalあたり3.2g(最小)~4.5g(最大)です。

比較表に掲載した療法食(ドライ)の中で最もタンパク質が少なくなっています。

エネルギー要求量別ステージごとのタンパク質の目安

標準的な成犬(適度な活動量の中年の成犬、去勢・避妊済みの成犬)

  • ステージ1、2では、100kcalあたり4.2g~4.7g程度
  • ステージ3以降では、100kcalあたり3.4g前後
  • タンパク質の制限は100kcalあたり2.6gを下回らないこと

愛犬のエネルギー要求量を、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式110kcal×代謝体重、またはDER=1.6×RER=112kcal×代謝体重で計算して給与する場合です。

シニア犬

  • ステージ1、2では、100kcalあたり4.9g~5.4g程度
  • ステージ3以降では、100kcalあたり3.9g前後
  • タンパク質の制限は100kcalあたり3.0gを下回らないこと

愛犬のエネルギー要求量を、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式95kcal×代謝体重、またはDER=1.4×RER=98kcal×代謝体重で計算して給与する場合です。

給与量目安(理想体重)で与える場合

スペシフィックCKDは、シニアよりもエネルギー要求量が高く見積もられているので、100kcalあたりのタンパク質量の目安は、シニアよりも若干少なくなります。

  • ステージ1、2では、100kcalあたり4.7g~5.2g程度
  • ステージ3以降では、100kcalあたり3.7g前後
  • タンパク質の制限は100kcalあたり2.7gを下回らないこと

解説

スペシフィックCKDは、給与量目安、標準的な成犬、シニア犬、どのエネルギー要求量で与える場合も、タンパク質は早期ステージ(ステージ1~2)の愛犬には少なく、制限が厳しいです。

ステージ3以降の愛犬には、シニアや給与量目安で与える場合は少なく感じますが、進行することや同じステージ3でも状態が愛犬により異なるので、タンパク質は適切なレベルと言えます。

標準的な成犬のエネルギー要求量で与える場合は、ステージ3以降に適切と言えます。

いづれにしても、制限の下限まで余裕がないので、給与量を減らす場合は注意が必要です。

動物性・植物性の組み合わせでアミノ酸スコアを高めている

アミノ酸のバランス(アミノ酸スコア)が良いものは、愛犬の体での利用効率が良く、余分な老廃物となるものが少ないとされます。

一般に、大豆などを除く植物性のタンパク質は、動物性のタンパク質に比べ栄養的価値は低いとされます。

肉や魚、卵、大豆などはアミノ酸スコアが良く、「良質なたんぱく質」です。

主なタンパク質源は、ジャガイモ蛋白、卵、魚粉、蛋白加水分解物(家禽)、ホエイパウダーです。

生物価の低いジャガイモ蛋白がタンパク質源としては最も多くなっていますが、他はすべて動物性タンパク質が使われています。

原材料名からはその割合はわかりませんが、ジャガイモ蛋白を中心に動物性タンパク質でアミノ酸バランスをとって利用効率を高めている療法食です。

リンはどうなっているのか?

ステージ3以降の愛犬に適切なレベルに制限されている

スペシフィックCKDのリンは、100kcalあたり60mgです。

比較表掲載の療法食のリンは、100kcalあたり50mg(最小)~104mg(最大)です。

体重10kgの給与目安量では、リンは338mgです。

エネルギー要求量別ステージごとのリン制限の目安

標準的な成犬(適度な活動量の中年の成犬、去勢・避妊済みの成犬

  • ステージ1、2では100kcalあたり80mg~100mg程度
  • ステージ3以降では100kcalあたり68mg以下

愛犬のエネルギー要求量を、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式110kcal×代謝体重、またはDER=1.6×RER=112kcal×代謝体重で計算して給与する場合です。

シニア犬

  • ステージ1、2では100kcalあたり91mg~117mg程度
  • ステージ3以降では100kcalあたり79mg以下

愛犬のエネルギー要求量を、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式95kcal×代謝体重、またはDER=1.4×RER=98kcal×代謝体重で計算して給与する場合です。

給与量目安(理想体重)で与える場合

スペシフィックCKDは、シニアよりもエネルギー要求量が高く見積もられているので、100kcalあたりのリン量の目安は、シニアよりも若干少なくなります。

  • ステージ1、2では、100kcalあたり110mg以下
  • ステージ3以降では、100kcalあたり75mg以下

解説

スペシフィックCKDは、給与量目安(理想体重)、標準的な成犬、シニア、どのエネルギー要求量で計算して与える場合も、ステージ3以降のリン制限としては適切なレベルと言えます。

ステージ3以降の愛犬の場合は、別途リン対策をせずに、そのまま与えて経過を見ることができます。

愛犬の経過や現在の状況次第では、どんな療法食であってもリン吸着剤でのリン対策が必要になる可能性がありますが、この療法食のままリン吸着剤で対策すれば対応できます。

リン対策のために療法食を変更する必要はありません。

愛犬の状態次第では重要になってくる栄養素もチェック

愛犬の検査結果や症状から獣医の指示がある場合は、制限が必要になる栄養素についてもどうなっているのか、知っておいた方がいいでしょう。

ナトリウム・カリウム

ナトリウムは、100kcalあたり30mgです。

比較表に掲載の療法食(ドライ)のナトリウムは、100kcalあたり24mg(最小)~90mg(最大)です。

カリウムは100kcalあたり280mgです。療法食の中でも最もカリウムが多くなっています。

比較表に掲載の療法食(ドライ)のカリウムは、100kcalあたりで117mg(最小)~280mg(最大)です。

FEDIAFでは最小値は100kcalあたり125mg、AAFCO2016では最小値は100kcalあたり150mgで、最小値の2倍近い量になります。

スペシフィックCKDは、酸性尿でできやすい結石(シュウ酸カルシウム)への配慮、心臓病で使用される利尿薬によるカリウムの尿中排泄の増加を考慮して、カリウム(クエン酸カリウム)が増量されています。

しかし、腎機能が低下すると、カリウムがうまく尿中に排泄されなくなり、カリウムが血液中に溜まりやすくなります。そのため、慢性腎臓病の愛犬は高カリウム血症には注意が必要です。

ナトリウムとカリウムについては、どの程度が慢性腎臓病の愛犬にとって適切なレベルなのかは正直わかりません。

実際には、愛犬の状態を検査でモニタリングしながら対処することになると思います。

スペシフィックCKDのカリウム量は獣医に相談してみた方がいいかもしれません。

参考情報
臨床研究で予後の改善に有効であることが確認された療法食のナトリウムとカリウムは

  • ナトリウム:100kcalあたり40.5mg
  • カリウム:100kcalあたり83.3mg
比較表に掲載している療法食では、カリウムはすべてこれよりも多くなっています。ヒルズも現在は研究当時のものよりも多くなっているので、カリウムに関しては参考にならないかもしれません。

脂質

脂質は製品100gあたり16g、100kcalあたり3.8gです。

比較表掲載の療法食の脂質は、100kcalあたり3.1g(最小)~5.0g(最大)です。

比較表に掲載している療法食では3番目に脂質が低い療法食ですが、脂質の制限を指示されている場合は、愛犬の療法食として与えることは出来ません。

炭水化物(可溶性無窒素物:NFE)

炭水化物(メーカー公表)は、製品100gあたり55.5g、100kcalあたり13.2gです。

※炭水化物はメーカーが公表しているもの以外は差し引き法による推定です。ドッグフード全体から、保証分析値の水分、タンパク質、脂質、灰分、食物繊維(粗繊維)を差し引いたもの(可溶性無窒素物:NFE)を炭水化物として推定しています。

食事療法にはほぼ必須!愛犬をサポートする成分はどうなっている?

愛犬にとってプラスの要素、つまり腎機能をサポートしてくれることが研究で示されている成分です。

これらはサプリメントなどで補うことができるので、療法食での優先度は高くありませんが、食事療法にはほぼ必須と考えた方がいいでしょう。

EPA+DHA

EPAとDHAの供給源としては、原材料の魚油、ナンキョクオキアミがあります。魚油は原材料の4番目にあるので、高用量なのがわかります。

成分値は、100kcalあたりEPAが150mg、DHAが250mgで、EPA+DHAの合計は400mgです。

EPA+DHAの慢性腎臓病向け用量
  • 代謝体重(kgBW0.75)あたりEPA+DHAで140mg
  • 100kcalあたりだとEPA+DHAは105mg~127mgになります。

かなりの高用量で、NRCの安全上限を超えています。

安全上限を超えた量だから直ちに健康に悪影響が出るということではありません。有用性を確認している研究には安全上限を超えた用量を使用しているものもあります。

ただ、高用量を継続して摂取する場合、血が止まりにくいといった副作用があるかもしれない、ということは頭に入れておいてもいいでしょう。

腸内環境を整える働きがある成分

腸内環境を整える働きのある成分を多く含む原材料は見当たりません。

原材料の小麦や米には食物繊維が含まれますが、腸内細菌のエサとなる(プレバイオティクス)水溶性食物繊維は多くはありません。

粉末セルロースは、食物繊維ですが、不溶性食物繊維で、プレバイオティクスではありません。

抗酸化物質

ビタミン類として抗酸化物質でもあるビタミンA、ビタミンEが添加されていますが、もともと必須栄養素です。

抗酸化物質の供給源として使われる原材料は特に使われていません。

その他原材料、療法食に特徴的な成分等

酸化防止剤

スペシフィックCKDは、ブチルヒドロキシアニソール(BHA)とジブチルヒドロキシトルエン(BHT)が酸化防止剤として使われています。

成分規格や使用基準に基づいて使用されている限りは問題ありません。

国際的に食品添加物やペットフードの酸化防止剤として使用が認められ、安全性を担保した用量が決められています。

発がん性が確認されているので、BHAとBHTの使用は意見が分かれていますが、どんな成分にも安全な量と危険な量があります。

「毒性学の父」「医化学の祖」と呼ばれた医学者パラケルススの言葉を借りれば…

全てのものは毒であり、毒でないものなど存在しない。その服用量こそが毒であるか、そうでないかを決めるのだ

パラケルスス-Wikipediaより引用

これを無視して、過剰に反応し、感情に訴えるだけの根拠のない意見に時間を割くのは無駄です。

服用量なしに安全か危険かを語ることはできないからです。

詳細は話がそれますので、一般社団法人ペットフード協会「安全・安心なペットフードをお届けするために」(PDFファイル)を参照してください。

その他の原材料

ゼオライト:ゼオライト(沸石)は、活性炭のように非常に小さいミクロの穴が多く空いた構造をしている鉱物で、その吸着・浄化作用から私たちの生活のさまざまな分野に利用されています。

ドッグフードでは、排泄物の悪臭抑制に使われますが、慢性腎臓病の療法食では、その吸着作用から、腸管内で尿素、アンモニアなどの窒素性老廃物(いわゆる尿毒素)の吸着・除去(排泄)も期待されます。


L-カルニチン:脂質の代謝に必要不可欠なアミノ酸です。つまり、脂質からエネルギーを作り出すのに欠かせない成分です。

カルニチンは特に動物性原材料から摂取され、肝臓や腎臓で、アミノ酸のリジンとメチオニンから合成されるので、通常は補う必要はなく、必須栄養素でもありません。

慢性腎臓病の療法食ではタンパク質(アミノ酸源)を制限する必要があるため、動物性原材料も制限されますので、十分な量を確保するために補われます。


タウリン:心臓や筋肉などに多く存在し、さまざまな臓器や組織にも存在する成分であるため、生命に重要な成分と考えられています。

犬は体内でアミノ酸のシステインやメチオニンから合成できるため、不足することはないと考えられ、必須とはなっていません。

不足すると、拡張型心筋症を引き起こすことが知られ、心筋の機能に重要とされています。

慢性腎臓病の療法食では、タウリンを体内で合成するのに必要なアミノ酸(タンパク質)を制限する必要があるため、十分な量を確保するために補われます。


以上でスペシフィックCKDの説明は終了です。非常に長くなりましたね。お疲れ様でした。

お大事になさってください。