ブルーバッファローKS(腎臓サポート)は療法食としてどうなの?

犬の慢性腎臓病の療法食であるブルーバッファローKS(腎臓サポート)は療法食としてどうなの?

メーカーや販売店のHPを見ても同じことが載っているだけで、それが療法食としてどうなのか、わからないですよね。

どんな療法食なのかを知ることは、あなたの愛犬の予後すら左右しかねない重要なことです。

この記事では、慢性腎臓病の愛犬を持つ飼い主がブルーバッファローKSを誰よりも詳しく解説します。

あなた自身が、なるべく客観的にどんな療法食なのか理解できるように、分析値や原材料から療法食としての実力を丸裸にしてみました。

食べてくれる療法食で、愛犬のために何をしてあげるのがいいのかがわかるようになります。

食事であるので愛犬が食べてくるかどうかも大事ですが、こればっかりはあなたの愛犬次第なので省略します。

MEMO
ブルーバッファローは一般食の販売終了が決定しましたが、療法食であるBLUE Natural Veterinary Dietは、日本全薬工業株式会社との協働体制で販売を継続するとしています。

食事療法の最重要項目からレビューしてみた

慢性腎臓病の療法食あるいは食事療法では、量を制限した高品質なタンパク質、リンの制限、この二つが栄養学的に最も重要です。

しかし、愛犬の状態やステージ(進行度)によってどの程度制限すべきかは変わってきます。

そのため、療法食として与え続けるには、先を見越した長期的な視点が必要です。

ここでは、どのステージに適しているのか、参考になるよう、最重要項目のタンパク質とリンでレビューしてみます。

ステージ3以降の愛犬の食事療法の中心として与えることができる

ブルーバッファローKSは、ステージ3以降の愛犬の食事療法の中心として、愛犬が食べ続けてくれる限り、ステージが進行しても変更なく継続して与えることが出来る療法食です。

タンパク質、リン(最小値)ともにステージ3以降の愛犬に適切なレベルに制限がされているためです。

食いつきが悪くなった場合でも、すぐに変更はせずに、ウェットフードを混ぜるなど、まずは食べてくれるように工夫することを試してみたほうがいいでしょう。

ステージが進行していて制限が厳しい状況になっても、食事は変えずに、別途、対策をするのがおすすめです。

進行してからの食事の変更は、新しい療法食を愛犬が受けつけてくれない可能性が高く難しくなるからです。

原材料には良質なタンパク質源が使用された療法食です。

慢性腎臓病の愛犬の飼い主として、最重要項目のタンパク質とリンでレビューすると結論としては以上のようになります。

MEMO
リンは成分値にだいぶ幅があるので、それをあなたがどう捉えるかによって、適切かどうかは変わりますが、個人的には適切だろうと判断しました。

では、もっと具体的にはどうなのか?

まずは、ブルーバッファローKSの基本的な情報を確認してみます。

基本情報

ブルーバッファローKSは、AAFCO(米国飼料検査官協会)の定める給与試験の結果、成犬の維持期用のドッグフードとして適切であることが証明されています。

ベースキブル(粒)と、サポート成分などのライフソースビッツという2種類の粒が配合されたフードです。

また、グレインフリー(穀物不使用)の療法食です。

穀物にアレルギーや不耐症がある犬にはメリットですが、それ以外はグレインフリーであることに科学的なメリットはありません。

タンパク質の制限が必要な慢性腎臓病の犬にとって、主なエネルギー源として炭水化物(糖質)は重要になります。グレインフリーはその供給源を制限することになります。

原材料

骨抜き鶏肉、エンドウでんぷん、馬鈴薯でんぷん、エンドウマメ、乾燥卵、馬鈴薯、鶏脂(混合トコフェロールにて酸化防止)、亜麻仁(オメガ-3脂肪酸源)、植物発酵エキス、セルロースパウダー、魚油(DHA(ドコサヘキサエン酸)源)、乾燥ケルプ、乾燥アルファルファミール、乾燥チコリ根、キャノーラ油(オメガ-6脂肪酸源)、ターメリック、カラメル、サツマイモ、人参、ブルーベリー、クランベリー、大麦若葉、パセリ、ユッカ抽出物、乾燥酵母、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵産物、乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵産物、乾燥黒麹菌発酵産物、乾燥トリコデルマ・ロンギブラキアタム発酵産物、乾燥バチルス・サブチルス発酵産物、ローズマリーオイル、アミノ酸類(タウリン、L-カルニチン、L-トリプトファン、L-トレオニン、メチオニン、L-リジン)、ミネラル類(クエン酸カリウム、炭酸カルシウム、亜鉛アミノ酸キレート、鉄アミノ酸キレート、塩化ナトリウム、銅アミノ酸キレート、マンガンアミノ酸キレート、硫酸第一鉄、硫酸亜鉛、ヨウ素酸カルシウム、硫酸銅、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(塩化コリン、E、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸、ニコチン酸、パントテン酸カルシウム、ビオチン、A、B1、B2、D3、B12、B6、葉酸)、酸化防止剤(混合トコフェロール)

日本語の原材料名にはないですが、メーカー公式(アメリカ)HPでは、「Vegetable Juice for color」があります。着色のために野菜ジュースを使用しています。

植物発酵エキスは栄養成分のような誤解を与えますが、天然の香料(Natural Flavor)です。

必要かどうかは別として、どちらも問題となるような原材料ではありません。

目を引くのは、長い原材料名の乾燥○○(菌名)発酵産物でしょう。

乾燥○○(菌名)発酵産物って何?

日本語の原材料名ではすべて発酵産物となっていますが、英語では発酵産物としての原材料は2種類あります。

  • Dried 菌名 fermentation product(産物)
  • Dried 菌名 fermentation extract(抽出物・エキス)

この二つの表記には当然、違いがあります。発酵産物が何を指すのかが異なり、それによって期待される有用性も異なります。

使用されている主な目的は、菌が分泌する酵素による消化のサポートとプロバイオティクスです。

product」の方は、消化のサポートとプロバイオティクスの両方が期待できます。

さらに、腸内フローラを介さず、直接作用する特徴をもった発酵代謝物(バイオジェニックス)が含まれるため、研究が進められている段階ですが、発酵代謝物の有用性も期待できるかもしれません。

ブルーバッファローKSでは、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵産物、乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵産物が該当します。

extract」の方は、プロバイオティクスも期待できますが、主な用途は消化のサポートです。

ブルーバッファローKSでは、乾燥黒麹菌発酵産物、乾燥トリコデルマ・ロンギブラキアタム発酵産物、乾燥バチルス・サブチルス発酵産物が該当します。

赤の下線のものは、メーカーによるとアクティブな菌(生きた菌)を含んでいます。

ブルーバッファローKSの乾燥酵母は、メーカー公式(アメリカ)によるとアクティブな酵母ですので、消化のサポートとプロバイオティクスの両方が期待できます。また、タンパク質、ビタミンB群、食物繊維、ミネラル類も補えます。

なぜ菌が消化をサポート?
微生物(菌)には、消化酵素を分泌し、フードに含まれるデンプンやタンパク質を加水分解する発酵作用があり、栄養素が分解され消化吸収しやすい状態になるためです。「extact」の方は酵素の産出が最大になるよう処理し抽出した発酵産物です。

ちなみに家畜飼料では飼料添加物の「生菌剤」として古くから利用されています。用途は飼料が含有している栄養成分の有効な利用の促進です。家畜飼料の方が進んでいたんですね。

注意
未だに酵素について酵素栄養学を持ち出す人がいますが、酵素栄養学はエセ科学です。愛犬の健康管理にエセ科学を持ち込むのはやめましょう。

エネルギー

  • 代謝エネルギー(ME):388kcal/100g
  • DERの計算式:110kcal×代謝体重

DER(1日あたりのエネルギー要求量)の計算式は、給与量の目安を見積もる時に、メーカーが採用しているであろう計算式です。

メーカーは愛犬の1日に必要なエネルギー量をどう計算して、給与量の目安としているのか、ということです。

FEDIAF栄養ガイドラインの計算式では、110kcal×代謝体重(体重の0.75乗)が、標準的な成犬(適度な活動量の中年の成犬)のエネルギー要求量です。

RERと係数を使う計算式なら、避妊去勢済みの成犬の係数1.6相当です。1.6×RER=1.6×70kcal×代謝体重(体重の0.75乗)=112kcal×代謝体重になります。

100kcalあたりの栄養素

栄養素 100kcalあたり
タンパク質 3.6
リン 64mg~142mg
ナトリウム 64mg
カリウム 非公表
脂質 4.6g
炭水化物 15.4g
EPA+DHA 387mg(オメガ3合計)

基本的な情報は以上です。

それでは、具体的にどんな療法食なのか、ステージごとのタンパク質とリン制限の目安と比べて、療法食としての実力を詳しく見てみましょう。

なお、タンパク質とリン制限の目安は、愛犬チャコの手作り療法食のために調べた情報を基に、制限の目安として適切と考えられるものを、療法食の比較がしやすいようにまとめたものです。

詳しくは以下の記事を参照してください。

犬の慢性腎臓病の療法食-タンパク質とリンの制限はどのくらいが適切?

タンパク質はどうなっている?

CKDの食事療法では、タンパク質は、量は制限しつつも、良質なタンパク質が求められます。

タンパク質の制限はステージ3以降には適切

ブルーバッファローKSのタンパク質は、100kcalあたり3.6gです。

比較表掲載の療法食(ドライ)のタンパク質は、100kcalあたり3.2g(最小)~4.5g(最大)です。

エネルギー要求量別ステージごとのタンパク質の目安

標準的な成犬(適度な活動量の中年の成犬、去勢・避妊済みの成犬)

ブルーバッファローKSを給与量の目安で与える場合が該当します。

  • ステージ1、2では、100kcalあたり4.2g~4.7g程度
  • ステージ3以降では、100kcalあたり3.4g前後
  • タンパク質の制限は100kcalあたり2.6gを下回らないこと

愛犬のエネルギー要求量を、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式110kcal×代謝体重、またはDER=1.6×RER=112kcal×代謝体重で計算して給与する場合です。

シニア犬

  • ステージ1、2では、100kcalあたり4.9g~5.4g程度
  • ステージ3以降では、100kcalあたり3.9g前後
  • タンパク質の制限は100kcalあたり3.0gを下回らないこと

愛犬のエネルギー要求量を、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式95kcal×代謝体重、またはDER=1.4×RER=98kcal×代謝体重で計算して給与する場合です。

解説

ブルーバッファローKSは、給与量の目安や標準的な成犬のエネルギー要求量で給餌する場合は、早期ステージにはタンパク質が少ないです。

ステージ3以降の愛犬には若干多い程度なので、タンパク質は適切なレベルと言えます。

シニアのエネルギー要求量で給餌する場合は、早期ステージには制限が厳しいです。

ステージ3以降では適切なレベルと言えるでしょう。経過を見ることができます。

良質なタンパク質を使っている

アミノ酸のバランス(アミノ酸スコア)が良いものは、愛犬の体での利用効率が良く、余分な老廃物となるものが少ないとされます。

一般に、大豆などを除く植物性のタンパク質は、動物性のタンパク質に比べ栄養的価値は低いとされます。

肉や魚、卵、大豆などはアミノ酸スコアが良く、「良質なたんぱく質」です。

主なタンパク質源は、骨抜き鶏肉、エンドウマメ、乾燥卵です。

骨抜き鶏肉は、生の原材料です。水分が重量の約7割を占めるため、フードのたんぱく質での割合が一番多いとは限りません。

ただ、乾燥卵もあるので、動物性タンパク質がメインに使用されていると言えるでしょう。植物性たんぱく質の中では大豆などのマメ類は生物価(アミノ酸スコア)が高いです。

ブルーバッファローKSは良質なタンパク質を使った療法食といえます。

リンはどうなっているのか?

リンの制限は、慢性腎臓病の進行を遅らせることが示されているため、食事療法では最も重要な栄養素です。

リンは制限されているが、その幅をどう捉えるかが悩みどころ

ブルーバッファローKSのリンは、100kcalあたり64mg以上、142mg以下です。

比較表掲載の療法食のリンは、100kcalあたり50mg(最小)~104mg(最大)です。

エネルギー要求量別ステージごとのリン制限の目安

標準的な成犬(適度な活動量の中年の成犬、去勢・避妊済みの成犬

ブルーバッファローKSを給与量の目安で与える場合はこの標準的な成犬を参考にしてください。

  • ステージ1、2では100kcalあたり80mg~100mg程度
  • ステージ3以降では100kcalあたり68mg以下

愛犬のエネルギー要求量を、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式110kcal×代謝体重、またはDER=1.6×RER=112kcal×代謝体重で計算して給与する場合です。

シニア犬

  • ステージ1、2では100kcalあたり91mg~117mg程度
  • ステージ3以降では100kcalあたり79mg以下

愛犬のエネルギー要求量を、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式95kcal×代謝体重、またはDER=1.4×RER=98kcal×代謝体重で計算して給与する場合です。

解説

ブルーバッファローKSは保証分析値として0.25%以上、0.55%以下と、成分値に幅があることも公表しています。

親切ではありますが、最小と最大では倍以上も違うので、飼い主からすると、どの位になるのか見当がつかず困りますね。

最小値では、ステージ3以降の愛犬にとって、リンが十分に制限された療法食といえますが、最大値ではリン制限は十分とはいえません。

ちなみに、他のメーカーが公表しているリンの数値は、メーカーが平均や標準値と言っていない限り、おそらく最小値(○○%以上)でしょう。

通常、保証分析値ではありませんので、○○%以上や○○以下という決められた表示方法があるわけでもありません。

実際にはどの療法食も多少なりとも幅があります。公表されていないので、どのくらいの幅があるのかはわかりません。

比較表では最小値を掲載していますが、他のメーカーと同じように最小値で判断するかどうかはあなた次第ですが、レビューでは最小値で判断しています。

愛犬の状態次第では重要になってくる栄養素もチェック

愛犬の検査結果や症状から獣医の指示がある場合は、制限が必要になる栄養素についてもどうなっているのか、知っておいた方がいいでしょう。

ナトリウム・カリウム

ナトリウムは、100kcalあたり64mgです。

比較表に掲載の療法食(ドライ)のナトリウムは、100kcalあたり24mg(最小)~90mg(最大)です。

カリウムは公表されていません

比較表に掲載の療法食(ドライ)のカリウムは、100kcalあたりで117mg(最小)~280mg(最大)です。

ナトリウムとカリウムについては、どの程度が慢性腎臓病の愛犬にとって適切なレベルなのかは正直わかりません。

実際には、愛犬の状態を検査でモニタリングしながら対処することになると思います。

参考情報
臨床研究で予後の改善に有効であることが確認された療法食のナトリウムとカリウムは

  • ナトリウム:100kcalあたり40.5mg
  • カリウム:100kcalあたり83.3mg

比較表に掲載している療法食では、カリウムはすべてこれよりも多くなっています。ヒルズも現在は研究当時のものよりも多くなっているので、カリウムに関しては参考にならないかもしれません。

脂質

脂質は製品100gあたり18g、100kcalあたり4.6gです。

比較表掲載の療法食の脂質は、100kcalあたり3.1g(最小)~5.0g(最大)です。

脂質の制限を指示されている場合は、愛犬の療法食として与えることは出来ません。

炭水化物(可溶性無窒素物:NFE)

炭水化物は、製品100gあたり47g、100kcalあたり12.1gです。

※炭水化物はメーカーが公表しているもの以外は差し引き法による推定です。ドッグフード全体から、保証分析値の水分、タンパク質、脂質、灰分、食物繊維(粗繊維)を差し引いたもの(可溶性無窒素物:NFE)を炭水化物として推定しています。

食事療法にはほぼ必須!愛犬をサポートする成分はどうなっている?

愛犬にとってプラスの要素、つまり腎機能をサポートしてくれることが研究で示されている成分です。

これらはサプリメントなどで補うことができるので、療法食での優先度は高くありませんが、食事療法にはほぼ必須と考えた方がいいでしょう。

EPA+DHA

EPAとDHAの主な供給源となる魚油が使われています。

メーカーはDHA源としているので、わかりませんが、EPAも含まれているはずです。

成分値はDHAのみで、100kcalあたり51.5mgです。EPAは公表されていません。

オメガ3脂肪酸の合計は100kcalあたり387mgです。

EPA+DHAの慢性腎臓病向け用量
  • 代謝体重(kgBW0.75)あたりEPA+DHAで140mg
  • 100kcalあたりだとEPA+DHAは105mg~127mgになります。

腸内環境を整える働きがある成分

原材料を見る限りは、療法食では唯一、プレバイオティクスとプロバイオティクスの両方が備わっています。

ブルーバッファローKSでは、乾燥チコリ根(イヌリン源)、馬鈴薯、サツマイモ、人参は水溶性食物繊維が多く、プレバイオティクスの供給源となる原材料が使われています。

乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵産物、乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵産物、乾燥バチルス・サブチルス発酵産物、乾燥酵母(サッカロマイセス・セレビシエ)は、プロバイオティクスとして腸内環境を整える作用の他、様々な健康効果があります。

抗酸化物質

抗酸化物質を多く含む原材料を使用したライフソースビッツ粒(人参、ブルーベリー、クランベリー等。詳細は省略)のほか、亜麻仁(リグナン源)、必須ではないですが抗酸化物質であるビタミンC源(L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸)も補われています。

その他原材料、療法食に特徴的な成分等

ライフソースビッツは、メーカーによればペットの本来の免疫力を助ける原材料が含まれるサプリ的な粒になっています。

実際に愛犬の健康をサポートできるかどうかは原材料名だけではわかりませんが、配慮はしているようです。

もちろん、その分は価格に反映されているはずですし、売る側からすれば、原材料名に表記できれば飼い主受けのよい言葉を並べやすい部分でもあります。

必須栄養素以外のものは自分で選んで与えたいという人からすると、必要性を感じず割高になりますね。


L-カルニチン:脂質の代謝に必要不可欠なアミノ酸です。脂質からエネルギーを作り出すのに欠かせない成分です。

カルニチンは特に動物性原材料から摂取され、肝臓や腎臓で、アミノ酸のリジンとメチオニンから合成されるので、通常は補う必要はなく、必須栄養素でもありません。

慢性腎臓病の療法食ではタンパク質(アミノ酸源)とリンを制限する必要があるため、動物性原材料も制限されますので、十分な量を確保するために補われます。


タウリン:心臓や筋肉などに多く存在し、さまざまな臓器や組織にも存在する成分であるため、生命に重要な成分と考えられています。

猫は体内で必要量を合成できないので必須栄養素ですが、犬は体内でアミノ酸のシステインやメチオニンから合成できるため、不足することはないと考えられ、必須とはなっていません。

犬と猫では不足すると、拡張型心筋症を引き起こすことが知られ、心筋の機能に重要とされています。

慢性腎臓病の療法食では、体内で合成するのに必要なアミノ酸(タンパク質)とリンを制限する必要があるため、動物性原材料も制限されますので、十分な量を確保するために補われます。


以上でブルーバッファローKSの説明は終了です。非常に長くなりましたね。お疲れ様でした。

お大事になさってください。