アニモンダ・ニーレン(ドライ)は療法食としてどうなの?

犬の慢性腎臓病の療法食であるアニモンダ・ニーレン(犬用ドライフード)は療法食としてどうなの?

メーカーや販売店のHPを見ても同じことが載っているだけで、それが療法食としてどうなのか、わからないですよね。

どんな療法食なのかを知ることは、あなたの愛犬の予後すら左右しかねない重要なことです。

この記事では、慢性腎臓病の愛犬を持つ飼い主がアニモンダ・ニーレン(犬用ドライフード)を誰よりも詳しく解説します。

あなた自身が、なるべく客観的にどんな療法食なのか理解できるように、分析値や原材料から療法食としての実力を丸裸にしてみました。

食べてくれる療法食で、愛犬のために何をしてあげるのがいいのかがわかるようになります。

食事であるので愛犬が食べてくるかどうかも大事ですが、こればっかりはあなたの愛犬次第なので省略します。

食事療法の最重要項目からレビューしてみた

慢性腎臓病の療法食あるいは食事療法では、量を制限した高品質なタンパク質、リンの制限、この二つが栄養学的に最も重要です。

しかし、愛犬の状態やステージ(進行度)によってどの程度制限すべきかは変わってきます。

そのため、療法食として与え続けるには、先を見越した長期的な視点が必要です。

ここでは、どのステージに適しているのか、参考になるよう、最重要項目のタンパク質とリンでレビューしてみます。

リンは高くタンパク質は少ないアンバランスな制限の療法食

アニモンダ・ニーレン(ドライ)は、これだけを与えて愛犬の食事療法とするのは不安があります。

一体どのステージにある愛犬をターゲットにしているのかわからない療法食だからです。

早期ステージの愛犬に与えるには、タンパク質の制限が厳しく、ステージ3以降の愛犬に与えるにはリンが高い療法食です。

言い換えれば、タンパク質はステージ3以降に適していますが、リンは早期ステージに適しています。

一般的に、ステージが進むにつれて、タンパク質、リン、ともに制限は厳しくなりますので、タンパク質とリンのどちらも調整されるべきですが、アニモンダ・ニーレンは調整がアンバランスです。

手作りでは低リンでありながらタンパク質量を確保できる食材を選ぶのが基本です。

手作りする食材として見た場合、リンが高くタンパク質は低いという、真逆に当たるの食材ですので、まず選ぶことはないでしょう。首を傾げたくなる処方ですね。

原材料には良質なタンパク質源が使用された療法食です。

早期ステージならタンパク質(補う)、ステージ3以降ならリン(制限)、それぞれ対策をする必要がある療法食です。

慢性腎臓病の愛犬の飼い主として、最重要項目のタンパク質とリンでレビューすると結論としては以上のようになります。

では、もっと具体的にはどうなのか?

まずは、アニモンダ・ニーレン(ドライ)基本的な情報を確認してみます。

基本情報

療法食は制限する栄養素があるので仕方ないですが、アニモンダは、通常の維持食も総合栄養食(Complete Pet Food)ではありません。

つまり、どれ一つして分析試験や給与試験を通して、客観的に消費者に栄養バランスを証明した商品がありません。何を言っても客観的な信頼性に欠け、自称に過ぎません。

その点について日本の公式サイトのよくある質問で回答(https://animonda.co.jp/animonda-abc/)していますが、苦しい言い訳でしかありません。

ドイツ製ペットフードに総合栄養食の概念はないと言っていますが、同じドイツ製のハッピードッグは総合栄養食を作っています。

そもそもEU圏なので、欧州議会および理事会規則(Regulation (EC) No 767/2009)によって定義がされています。FEDIAF栄養ガイドラインはComplete Pet Foodのための基準です。

また、アニモンダ・ニーレンは、グレインフリー(穀物不使用)の療法食です。

グレインフリーは、健康志向の飼い主にもっともらしく聞こえて、飼い主の愛犬家としての満足感を満たせる、都合の良いマーケティングです。

穀物にアレルギーや不耐症がある犬にはメリットですが、それ以外はグレインフリーであることに科学的なメリットはありません。

タンパク質の制限が必要な慢性腎臓病の犬にとって、主なエネルギー源として炭水化物(糖質)は重要になります。グレインフリーはその供給源を制限することになります。

原材料

ドライポテト、 鳥肉粉(低灰分)、 ビートパルプ、 牛脂、鳥タンパクハイドロール、鳥レバー、サーモンオイル、乾燥全卵、フラクトオリゴ糖、炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、ユッカシジゲラ

添加物/1kgあたり:ビタミンA 15000IU、ビタミン D3 1500IU、ミネラル(マンガン1.8mg、銅1.35mg、亜鉛 18mg、ヨウ素0.5mg)

メーカー本国のドイツ語公式HPの原材料名では、サーモンオイルと乾燥全卵の間に「Hefe(酵母)」があります。ところが、日本の原材料名では「Hefe:酵母」がありません。

パッケージに記載された原材料名もそうなのかは確認していませんので、わかりませんが、成分値がまるっきり同じなので日本仕様ということではないようです。

酵母が含まれていると思った方がいいでしょう。

酵母は悪い原材料ではありません。酵母にはビタミンB群やミネラルが幅広く含まれ、タンパク質(必須アミノ酸源)も含まれています。

エネルギー

  • 代謝エネルギー(ME):413kcal/100g
  • DERの計算式:110kcal×代謝体重(体重の0.75乗)

DER(1日あたりのエネルギー要求量)の計算式は、給与量の目安を見積もる時に、メーカーが採用しているであろう計算式です。

メーカーは愛犬の1日に必要なエネルギー量をどう計算して、給与量の目安としているのか、ということです。

アニモンダ・ニーレン(ドライ)は、推奨給餌量がざっくりしていて、0また5へ端数処理がされていますが、エネルギー要求量は110kcal×代謝体重で計算されています。

110kcal×代謝体重(体重の0.75乗)は、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式で、標準的な成犬(適度な活動量の中年の成犬)のエネルギー要求量です。

係数を使う計算式なら、避妊去勢済みの成犬の係数1.6相当です。

1.6×RER=1.6×70kcal×代謝体重(体重の0.75乗)=112kcal×代謝体重

100kcalあたりの栄養素

栄養素 100kcalあたり
タンパク質 3.4g
リン 87mg
ナトリウム 78mg
カリウム 182mg
脂質 5.0g
炭水化物(NFE) 12.8g
EPA+DHA 非公表

基本的な情報は以上です。

それでは、具体的にどんな療法食なのか、ステージごとのタンパク質とリン制限の目安と比べて、療法食としての実力を詳しく見てみましょう。

なお、タンパク質とリン制限の目安は、愛犬チャコの手作り療法食のために調べた情報を基に、制限の目安として適切と考えられるものを、療法食の比較がしやすいようにまとめたものです。

詳しくは以下の記事を参照してください。

犬の慢性腎臓病の療法食-タンパク質とリンの制限はどのくらいが適切?

タンパク質はどうなっている?

CKDの食事療法では、タンパク質は、量は制限しつつも、良質なタンパク質が求められます。

タンパク質の制限はステージ3以降には適切

アニモンダ・ニーレン(ドライ)のタンパク質は、100kcalあたり3.4gです。

比較表掲載の療法食(ドライ)のタンパク質は、100kcalあたり3.2g(最小)~4.5g(最大)です。

エネルギー要求量別ステージごとのタンパク質の目安

標準的な成犬(適度な活動量の中年の成犬、去勢・避妊済みの成犬)

アニモンダ・ニーレン(ドライ)を給与量の目安で与える場合が該当します。

  • ステージ1、2では、100kcalあたり4.2g~4.7g程度
  • ステージ3以降では、100kcalあたり3.4g前後
  • タンパク質の制限は100kcalあたり2.6gを下回らないこと

愛犬のエネルギー要求量を、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式110kcal×代謝体重、またはDER=1.6×RER=112kcal×代謝体重で計算して給与する場合です。

シニア犬

  • ステージ1、2では、100kcalあたり4.9g~5.4g程度
  • ステージ3以降では、100kcalあたり3.9g前後
  • タンパク質の制限は100kcalあたり3.0gを下回らないこと

愛犬のエネルギー要求量を、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式95kcal×代謝体重、またはDER=1.4×RER=98kcal×代謝体重で計算して給与する場合です。

解説

アニモンダ・ニーレン(ドライ)は、標準的な成犬(給与量目安)、シニアどちらのエネルギー要求量で与える場合も、タンパク質は早期ステージ(ステージ1~2)の愛犬には少なく厳しいかもしれません。

ステージ3以降の愛犬には、シニアで与える場合は少なく感じますが、進行することや同じステージ3でも状態が愛犬により異なるので、タンパク質は適切なレベルと言えます。

ただし、給与量を減らす場合は下限には注意が必要です。

良質なタンパク質源が使われている

アミノ酸のバランス(アミノ酸スコア)が良いものは、愛犬の体での利用効率が良く、余分な老廃物となるものが少ないとされます。

一般に、大豆などを除く植物性のタンパク質は、動物性のタンパク質に比べ栄養的価値は低いとされます。

肉や魚、卵、大豆などはアミノ酸スコアが良く、「良質なたんぱく質」です。

主なタンパク質源は、鳥タンパクハイドロール、鳥肉粉(低灰分)、鳥レバー、乾燥全卵です。

メーカーはレバーをタンパク質源とはしていませんが、レバーの主な栄養素はタンパク質です。

たんぱく質の量を制限しつつも、愛犬に必要な良質なタンパク質源である動物性原材料を使っている療法食です。

原材料名の「鳥」=鶏(チキン)ではありません。メーカーの説明によると、「鳥肉」は、ニワトリの肉の他に鴨肉・七面鳥肉・ガチョウ肉などを混ぜたお肉、となっています。

EU圏のペットフードは、動物性原材料は、獣医の検査をパスした人間の消費に適合する動物からの原材料でなければいけないので、品質は心配する必要はありません。

リンはどうなっているのか?

リンの制限は、慢性腎臓病の進行を遅らせることが示されているため、食事療法では最も重要な栄養素です。

早期ステージには適切だがステージ3以降の愛犬にはリンが高い

アニモンダ・ニーレン(ドライ)のリンは、100kcalあたり87mgです。

比較表掲載の療法食のリンは、100kcalあたり50mg(最小)~104mg(最大)です。

エネルギー要求量別ステージごとのリン制限の目安

標準的な成犬(適度な活動量の中年の成犬、去勢・避妊済みの成犬

アニモンダ・ニーレン(ドライ)を給与量の目安で与える場合が該当します。

  • ステージ1、2では100kcalあたり80mg~100mg程度
  • ステージ3以降では100kcalあたり68mg以下

愛犬のエネルギー要求量を、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式110kcal×代謝体重、またはDER=1.6×RER=112kcal×代謝体重で計算して給与する場合です。

シニア犬

  • ステージ1、2では100kcalあたり91mg~117mg程度
  • ステージ3以降では100kcalあたり79mg以下

愛犬のエネルギー要求量を、FEDIAF栄養ガイドラインの計算式95kcal×代謝体重、またはDER=1.4×RER=98kcal×代謝体重で計算して給与する場合です。

解説

アニモンダ・ニーレン(ドライ)は、100kcalあたり87mgですので、リンは早期ステージの愛犬には適切と言えるでしょう。

しかし、リンの制限はステージが進む(病気が進行する)につれて厳しくなります。

ステージ3以降の愛犬には給与量の目安(標準的な成犬)、シニア、どちらのエネルギー要求量で与える場合も、リンが高いことがわかります。

ステージ3以降では、リン吸着剤の使用などリン対策が必要になります。

愛犬の状態次第では重要になってくる栄養素もチェック

愛犬の検査結果や症状から獣医の指示がある場合は、制限が必要になる栄養素についてもどうなっているのか、知っておいた方がいいでしょう。

ナトリウム・カリウム

アニモンダ・ニーレンのナトリウムは、100kcalあたり77.5mgです。

比較表に掲載の療法食(ドライ)のナトリウムは、100kcalあたり24mg(最小)~90mg(最大)です。

カリウムは100kcalあたり182mgです。

比較表に掲載の療法食(ドライ)のカリウムは、100kcalあたりで117mg(最小)~280mg(最大)です。

ナトリウムとカリウムについては、どの程度が慢性腎臓病の愛犬にとって適切なレベルなのかは正直わかりません。

実際には、愛犬の状態を検査でモニタリングしながら対処することになると思います。

参考情報
臨床研究で予後の改善に有効であることが確認された療法食のナトリウムとカリウムは

  • ナトリウム:100kcalあたり40.5mg
  • カリウム:100kcalあたり83.3mg

比較表に掲載している療法食では、カリウムはすべてこれよりも多くなっています。ヒルズも現在は研究当時のものよりも多くなっているので、カリウムに関しては参考にならないかもしれません。

脂質

脂質は製品100gあたり20.5g、100kcalあたり5.0gです。

比較表掲載の療法食の脂質は、100kcalあたり3.1g(最小)~5.0g(最大)です。

脂質の制限を指示されている場合は、愛犬の療法食として与えることは出来ません。

炭水化物(可溶性無窒素物:NFE)

炭水化物は、メーカー分析値(窒素除外抽出物)で、製品100gあたり50.5g、100kcalあたり12.2gです。

※炭水化物はメーカーが公表しているもの以外は差し引き法による推定です。窒素除外抽出物とは、可溶性無窒素物(nitrogen free extract : NFE)のことで、当サイトが炭水化物として推定しているものと全く同じです。

食事療法にはほぼ必須!愛犬をサポートする成分はどうなっている?

愛犬にとってプラスの要素、つまり腎機能をサポートしてくれることが研究で示されている成分です。

これらはサプリメントなどで補うことができるので、療法食での優先度は高くありませんが、食事療法にはほぼ必須と考えた方がいいでしょう。

EPA+DHA

原材料にはサーモンオイルが使われていますが、EPAとDHAの成分値はありません。どのくらい含まれているのかが不明です。

EPA+DHAの慢性腎臓病向け用量
  • 代謝体重(kgBW0.75)あたりEPA+DHAで140mg
  • 100kcalあたりだとEPA+DHAは105mg~127mgになります。

酸化しやすい成分ですが、アニモンダ・ニーレンは添加物として酸化防止剤は使われていません。

分析値では酸化防止剤にも使われるビタミンEが100g(乾物量)あたり16mgあります。

これは、FEDIAFやAAFCOの最小値の5倍程度の量になりますので、原材料を見る限り、添加物としてではなく、原材料の持つビタミンEで酸化防止としているようです。

腸内環境を整える働きがある成分

アニモンダ・ニーレンでは、原材料に善玉菌のエサとなる(プレバイオティクス)ビートパルプとフラクトオリゴ糖が使われています。

ビートパルプには不溶性の食物繊維と水溶性の食物繊維であるペクチンが豊富に含まれ、プレバイオティクスの成分である水溶性(可溶性)食物繊維の供給源になります。

抗酸化物質

アニモンダ・ニーレンは、必須栄養素に含まれるもの以外、抗酸化物質の供給源として使われる原材料は特に使われていません。

原材料のユッカシジゲラには抗酸化物質が含まれますが、抗酸化物質の供給源として配合をアピールするメーカーはほとんどありません。

他に抗酸化作用を期待した原材料がないので、抗酸化物質でもあるビタミンEが時間経過や開封後にフードの酸化を防ぎながら消耗するのは否めません。

メーカーの指示通り、開封後は一ヵ月以内に使い切ったほうがいいでしょう。

その他原材料、療法食に特徴的な成分等

特に愛犬のサポートに役立つような原材料はありません。

原材料のユッカシジゲラは、北米の乾燥地帯、西部劇の舞台となっているような場所に自生する植物です。

ユッカに多く含まれているサポニンは、ステロイドサポニンとも呼ばれており、炎症を抑える働きがあります。先住民の間で古くから関節炎など民間療法に使われてきました。

抗菌作用があることから、古くから石鹸の材料としても使われ、犬用のシャンプーにも使われています。

ドッグフードでは、消臭作用があることから、主に排泄物の臭いを抑えるために使われます。人用のサプリメントにも使われています。


以上でアニモンダ・ニーレンの説明は終了です。非常に長くなりましたね。お疲れ様でした。

お大事になさってください。