【重要】FDAがグレインフリーに警告

愛犬を上手に車に乗せる方法

車に乗るのを嫌がったり、乗せると吠えたり、落ち着きがなくなったり、鳴いたり、酔ってしまったり。車で一緒に出かけるのに苦労していませんか?

公園や海など連れて行きたい場所があっても、車の中でうるさいと、ついおっくうになってしまうものです。運転中にヒヤッとすることもあるでしょう。

どうすれば犬を快適に車に乗せることができるのか?

車に関する問題は、コーギーが車を嫌なこと、不快になるもの、と思ってしまっているのが原因です。たったそれだけのことなんです。

なので、まずコーギーに、車を怖がったり、酔ったりすることはないんだと、徐々にゆっくりと教えてあげましょう。

嫌なのを叱ったところで良くなるわけではありませんので、叱らないようにしましょう。

車に乗せる時は、直接乗せるのではなく、クレートやキャリーで乗せるようにしましょう。車内を自由に動きまわったりするのは危険ですよ。カーブやブレーキで揺れるので、ケガをする危険もあり、コーギーも安心できません。

コタロウを直接乗せていた頃は、カーブのたびに踏ん張っていました。また、チャコを直接乗せると、落ち着かないので大変!今では3匹はバリケン とケンネルキャブに入れてお出かけです。静かにしているし、何と言っても抜け毛の掃除が楽!

今まで直接乗せていたけど・・・という方、クレートトレーニングをすれば、車に乗せて移動するのは簡単ですよ。挑戦してみてください。

車に直接乗せるのは、安全という点から(他にも車内の抜け毛の掃除が面倒)、お勧めしません。もし、直接乗せるのであれば、じっとしていられるように、訓練をしましょう。こっちの方が大変でしょ?

犬を車に乗せるトレーニング

それでは、具体的な方法に移りましょう。

準備するもの:バリケンやケンネルキャブのようなクレートやキャリーなど、あと、もちろん車も

1.車にならしましょう

コーギーをクレートやキャリーなどに入れ、まずはコーギーと車の中に座るだけです。エンジンはかけません。もちろんどこにも行きません。ただ、車内でじっと座ってラジオを聞いたりしているだけです。

最初は、鳴いたりしますが、構ったりせずに静かにするのを待ちます。徐々に長くして、ならします。何も怖いことや嫌なことはないと思うようになります。

直接乗せている場合は、車内でじっとしていられるように、マテやフセ、ヤスメなどの服従訓練をやりましょう。車内でリラックスし、怖がらなくなるまで、これを繰り返します。おもちゃであそばせるのもOK。

2.エンジンをかけて、その音や振動に馴らします

車内になれたら、次はエンジンをかけてみましょう。

エンジン音や振動になれさせます。まだ、どこにも行きません。

また、シートベルトを着けたり、はずしたり、シフトをRにしてその音にもならしましょう。

コーギーは賢いので、音とこれから起きること(車が動く、あなたが車内を離れるなど)を関連付けて、覚えてしまい、騒ぐようになります。それを防ぐためです。キーホルダーに鈴のように音のするものをつけていると、きっとそれにも反応するようになりますので、つけないようにしましょう。

直接、車に乗せている時、コタロウは、バックする時のピー、ピーという音に反応して鳴きました。バリケン に入れるようになってからは不思議とほとんど騒ぎません。

それから、直接乗せている場合は、服従訓練をして、車の中で指示に従うことができるようにしましょう。(面倒でしょ?クレートにしたほうが楽ですよ。)

3.短いドライブをしてみましょう

エンジンをかけても静かにリラックスしていたら、家の近所を周る程度の短いドライブです。交通量の多い幹線道路や渋滞はまだ避けましょう。

4.コーギーが楽しめる場所(お散歩コースの公園、砂浜や大きな公園、ドッグランなど)へ連れて行きましょう

快適に過ごせるようになったら、徐々に時間を長くして、最初は、コーギーが車に乗ることを楽しいと思うように、コーギーが楽しめる場所に連れて行きます。

待ちに待ったお出かけです!楽しみですね!

あとはお出かけを繰り返していけばいいだけです。

車に直接乗せていると、コーギーの中には、ここぞとばかりに興奮して動きまわる子もいます。この場合は、最初のドライブで家に戻ってきたら、車の中で、もう一度、服従訓練をしてみましょう。

もちろん、クレートやキャリーなどで移動したほうがはるかに楽で安全です。

どうしても車に酔う場合は・・・

クレートやキャリーに入れていますか?

入れていても酔うなら、酔い止めを飲ませたり、酔う前に休憩をはさみながら、もう一度、少しずつならしていきましょう。誰も悪くはありません。体質なので仕方がありません。