【重要】FDAがグレインフリーに警告

愛犬は大丈夫?【シュウ酸カルシウム結石】が増加傾向に

シュウ酸カルシウム結石ってどんな病気?

シュウ酸カルシウム結石は、尿中のシュウ酸、カルシウムが増えすぎることで結合し、結晶化して結石になります。酸性の尿でできやすいと言われています。

この結石は、表面が尖ったギサギサの形をしています。小さくても表面が尖っているために、激しい痛みが出やすく、尿菅にも引っかかりやすいので、尿と一緒に排出されにくいのが特徴です。

また、ストルバイト結石のように尿のpHによって溶けることはありません。検査によって自然排泄が期待できるなら経過を観察することもありますが、排泄されない場合は外科的治療しかありません。

シュウ酸カルシウム結石の原因としては、食事や代謝異常などが挙げられますが、原因は複雑で特定するのは難しいとされています。

尿中に結石の原因となる成分が溶けていられなくなる(飽和状態)ことで、結晶化し結石へと成長していくので、シュウ酸の過剰やカルシウム過剰や不足、それらを招く成分の過剰や不足などでも結石ができやすくなります。

そのため、食事に付いて言えば、栄養素が偏ることなく、バランスの良い食事を与えることが重要になります。

尿路結石におけるシュウ酸カルシウム結石の割合は、ストルバイト結石の割合とほぼ同じくらいにまで増加しています。

ストルバイト結石用のいくつかの処方食や療法食がその要因かもしれないと指摘する調査もあります。

実際、ストルバイト結石用のいくつかの処方食や療法食は、シュウ酸カルシウム結石になるリスク要因を増加させることになる、と専門家や愛犬家の間で指摘されてきたことです。

もちろん、これだけが増えてきた要因ではないでしょうが、ストルバイト結石用の処方食や療法食を与えている人はリスクがあるとうことは知っておいた方がよいでしょう。

参考文献:DVM NEWSMAGAZINE:Canine urolith epidemiology: 1981 to 2010
Carl A. Osborne, DVM, PhD, Dipl. ACVIM, Jody P. Lulich, DVM, PhD, Dipl. ACVIM

気になる症状・サインと飼い主ができる予防策

結石の大きさなどにより症状は異なりますが、気になる症状・サインの一番の特徴は、排尿障害です。排尿できずに溜まり、嘔吐などの症状があらわれた場合は危険です。

気になる症状・サイン

  • 尿の出方が悪くなり、量も少なく、回数が増える
  • 何度も排泄しようとするが、出ない
  • 排泄の際、痛みのため背中を丸める、鳴く
  • 血尿をする
  • 悪化している場合、膀胱に尿が溜まり、おなかが膨らむ
  • おなかを触られると、痛がる、鳴く

後足の爪を地面に擦って歩いているというのは、初期に発見しやすいサインですので、こまめにチェックしたいポイントです。

自分の足で試してみると、どこにサインがあるかわかりやすいです。散歩の時や自宅へあげる前に足を拭いてあげる時にチェックします。

歩く時の音は、微妙かもしれませんが擦っているような音で、ゆっくり歩いている時がわかりやすいです。

たぶん、爪の減り方や被毛の擦れや汚れが一番わかりやすいでしょう。立っている時は地面に接しない爪の上部が減る感じです。また、つま先周辺の被毛が擦りきれて爪が見えていたり、黒っぽく汚れやすくなります。

飼い主ができる予防策

飼い主にできる予防策の一つが肥満の防止です。おやつを控えめにしたり、おやつ分をフードから差し引くなど、太らせないようにし、BCS(ボディコンディショニングスコア)を使い管理してあげましょう。

また、年齢や体力に合わせて、日頃から散歩や運動をさせて身体を支える筋力が衰えないようにしましょう(ただし、子犬の時に、過激な運動は厳禁です)。成犬になってからも、無理に高い所から飛び降りさせないようにします。アスファルトは衝撃が吸収されにくいので、アスファルトで走らせるのをなるべく避けます。

室内では、滑りにくい床にしてあげます。滑りやすい床は、滑って転倒したり、それをこらえようとして思わぬ負荷がかかることがあります。子犬の場合、発育に影響することもありますので、滑らない歩きやすい床にしてあげます。

室内の滑り止めで、手軽にできて便利なのは、コルクマットやタイルカーペットです。汚れた部分だけを簡単に取り換えることができ、もとの床を傷つけることもありません。適度なクッション性もあるコルクマットはおすすめです。

また、愛犬の老化を止めることはできませんが、筋力の維持または低下を少しでも減らしてあげることはできると思います。

例えば、太り始めていないなら、シニアだからといって、フードの量は変える必要はありません。フードの量を減らす=筋肉の維持に必要なたんぱく質(アミノ酸源)を減らす、ということでもあります。

むしろ、老犬では、タンパク質の利用効率が悪くなるので、より多くの良質な動物性タンパク質を必要としていると言われます。そろそろ家の子もシニアかなと思ったら、高タンパク質(動物性)のドッグフードや犬用の天然アミノ酸サプリを与えることも考えてみては。