【重要】FDAがグレインフリーに警告

本当に危険?副産物は栄養豊富なドッグフードの原材料

あなたもこんな話を聞いたことありませんか?

ドッグフードに副産物が入っているものは危険だとか、避けたほうがいい、廃棄物で栄養なんてない。

あなたもそうだと思って、副産物とつく原材料を避けてドッグフードを選んでしまっていませんか?

副産物はドッグフードの危険な原材料だとか、廃棄物で栄養なんてないという話は、とんでもない誤解です。

むしろ、副産物は栄養が豊富で、生食・手作り食には欠かせない原材料です。

では、副産物とは一体何なのか?

この記事ではドッグフードの原材料である副産物が何なのかを解説します。

これがわかると、愛犬にとって栄養価が高く、喜んで食べる原材料を使ったドッグフードを選べるようになります。

副産物は「お肉」以外の部位・内臓系の食材

ドッグフードの原材料に表記される副産物は、「お肉」以外の、人間の食用には向かない部位や内臓のことです。

日本畜産副産物協会によると、副産物からさらに皮(皮革製品になる)を除いたものは副生物と呼ばれるので、日本の場合、ドッグフードに使われる副産物=副生物ということになります。

副産物は、人間の食用向け商品(お肉など)として使わない部位も含まれるというだけで、危険だとか、栄養価が低いということではありません。

副産物は肉同様、生の状態の原材料を指し、人間用の食肉を生産する食肉処理場から出荷されたものが使われます。

副産物は避けるべき危険な原材料でも、栄養価の低い原材料でもありません。

なぜ危険と言われるのか?ドッグフード業界の闇から生まれた誤解

日本ではどうかはわかりませんが、アメリカでは今もある一部の悪質なメーカーで使われる原材料の闇です。

法律やAAFCO(米国飼料検査官協会)の規定では不可ですが、路上で死んだ動物や、病気で死んだ家畜など通常の食肉処理がされていない、4Dミートと呼ばれる肉が使われている現実があります。

4Dミートや食品廃棄物などはレンダリング(高温加熱、脱水処理し、動物性油脂とミールを作る)され、ドッグフードの原材料となります。

それらは種が特定できないミートミールや副産物ミールという原材料名が使われるため、そうした原材料名は危険だ、というわけです。

生の原材料である副産物は傷むのが早いので、たいていはミールとして使われるため、副産物も避けるべきだ、と誤解されているようです。

こうしたドッグフード業界にある闇や、ペットフード業界は、リサイクル産業とか廃棄物処理業として位置付ける人もいるので、副産物は危険で避けるべき原材料として誤解されてしまっています。

ドッグフードに使われる副産物の具体例

アメリカのドッグフードの場合、AAFCO(米国飼料検査官協会)によって定義されていて、副産物に含まれるものと、含まれないものには、どんなものがあるかが示されています。

牛や豚、羊などの哺乳動物なら、肺、心臓、脳、肝臓、脾臓、腎臓、内容物を含まない胃や腸、骨、血液、乳房などが副産物には含まれます。毛、角、ひづめ、歯、は含まれません。

家禽(鶏や七面鳥などの家畜の鳥類)であれば、心臓や肝臓などの内臓の他に頭や足が含まれ、羽毛は含まない。

簡単に言うと、毛・角・ひづめ・歯・羽毛以外の部分ということになりますが、具体的には主に内臓のことです。

畜肉副産物とか家禽類副産物という原材料名よりは、牛や豚、鶏といった種が特定されていた方が安心感はあるでしょう。実際には、レバーなどのようにより具体的な場合もあります。

FEDIAF(欧州ペットフード工業連合)の場合、ペットフードに使われる動物性原材料とは何かということを説明しています。

その説明の中で、例として、腎臓、脾臓、肺、豚足、乳房や、加工後に残る魚の部位もよく使われるとしています。魚の部位というのは、おそらくはワタや頭のことでしょう。

副産物には含まれていない毛・角・ひづめ・歯・羽毛を入っていると言う人もいますが、事実ではないことがわかります。ただ、これがミールだと話は少し変わってくるかもしれませんね。

危険だという人も実は愛犬に副産物をあげている

副産物のことを誤解し危険だと叫ぶ人も、実際にはおやつで副産物の加工品を愛犬にあげています。

ペットショップなどでは、いろんな副産物を使ったおやつが並んでます。

例えば、豚耳、アキレス腱、軟骨、砂肝、牛皮を使ったガム、骨を使ったチューイングトリーツ、ドッグフードでは使われない蹄(ひづめ)まで売られています。

「副産物」という原材料名はなくても、鶏レバーという副産物が入っているドッグフードを選んでいることもあります。

鶏レバーが使われているのに、副産物は使用していないと言うのはウソになります。用語として使っていないだけ。

副産物は愛犬にとって栄養が豊富な原材料

副産物は、人間が好んで食べたいと思わないものや、食べないものもありますが、犬にとっては栄養が豊富です。

人間も含め動物の身体は筋肉だけでなく、内臓もタンパク質からできています。原材料としての価値はなく使えませんが、毛や爪や羽もタンパク質でできています。

そのため、内臓はタンパク質(必須アミノ酸源)が豊富です。部位によってはビタミン、ミネラルも豊富に含まれているため、生食(ローフード)では欠かせない食材です。

ドッグフードでは、危険だとか廃棄するような原材料なんて言われていますが、生食を与える人からすれば、副産物である内臓は、愛犬の大事な栄養源なのです。

同じドッグフードでも生食用の冷凍ドッグフードやフリーズドライの場合、当たり前のように肝臓や腎臓などが原材料として使われています。

犬の栄養や食事をわからずに、人間目線で食材を見ていると、人間が食べれない廃棄物だとか、栄養価が低いとか、おかしな話になってしまいます。

人間向けの食肉としては価値がなくても、野生の肉食動物にとっては栄養の宝庫ですし、犬にとっても同じです。しかも、喜んで食べる(つまり嗜好性が高い)部位でもあります。

ドッグフードは食いつきが悪いが、おやつの豚耳ジャーキーは喜んで食べるなんてことはよくある話です。

副産物を避けたばっかりに・・・

副産物を誤解して、避けてドッグフードを選ぶと残念な商品に出くわすかもしれません。

主な原材料だけでは足りない栄養素が多すぎるのか、原材料リストの中間くらいで早くもビタミンやミネラルといった栄養強化剤がズラーっと並んでいることがあります。

ドライフードにする際、加熱・乾燥などの加工をするので、どうしても足りなくなるものを補うのは理解できます。

でも、ビタミン・ミネラル添加のオンパレードともなると、いったい何のために原材料を使ってるの?と思いたくなるほどです。

厳しい見方をすれば、そのようなドッグフードでは、愛犬に必要な栄養素を満たせない主要な原材料と、それを補う栄養強化剤にお金を払うことになります。

飼い主である私たち人間にとって響きの良い原材料が、必ずしも栄養が豊富とは限りません。ドッグフードを選ぶ時はそのことを頭に入れておくといいでしょう。

信頼できるメーカーであるなら、個人的には種が特定できる副産物は問題ないと思います。例えば、鶏副産物のように。

ドッグフードの原材料としては避けるべきだと言う人もいるかもしれませんが、そんなに心配なら手作りしたら?と思いますけどね。

ドライフードは愛犬の食事の一つでしかないのだから。

リファレンス