避妊、去勢をするとどんな影響があるの?

A.健康な体にメスを入れることになり、ホルモンバランスの乱れが生じます。

その影響は個体差が大きいように感じますが、一般的にメリットとされることのためだけに避妊・去勢をするべきかどうかは考えるべきです。

自分の子供にあるいは自分であったら、そのメリットのために手術するでしょうか?

オスもメスも、一般的に、性格が温和になるといわれています。そのため、しつけがしやすくなると言われていますが、これでしつけの問題が解消されるわけではありません。去勢・避妊手術をした後でもしつけはあなた次第です。

オスの場合、オスの本能からくるオス同士のケンカや権勢症候群、徘徊欲求、飛びつきなどは、改善されやすくなります。ただし、完全に直るというものではありませんので、去勢手術に過剰な期待をしないで、しつけや信頼関係を大事にしましょう。

メスの場合、発情による出血がなくなり、室内で飼いやすくなります。また、メスは若々しいオスのような姿で長生きするともいわれています。個体差があるので何とも言えませんが、そうあって欲しいですね。

オスとメスともに、それぞれ特有の病気(前立腺の疾患や子宮蓄膿症、乳腺腫瘍など)の予防やリスクが低くなると言われています。

また、一般的に去勢・避妊手術をすると太りやすくなるといわれているので、コーギーはなおさら肥満に注意が必要です。