外出中にコーギーが家の中をイタズラする。どうしたらいいの?

A.コーギーがあなたの留守中に、ゴミ箱をあさったり、スリッパをかじったり、物を散らかす、粗相をするといった行為は、寂しさや不安からくるストレスや、留守中の退屈さが原因です。犬は群れで生活していたので、寂しがりやさんなのです。それらを紛らわせるために(あなたからみれば)イタズラをしてしましいます。

対処法としては、まず留守番することに慣れさせます

また、基本的なことですが、日頃から、イタズラされては困るものやコーギーにとって危険なものは、目の届くところには置かないようにしておきましょう。代わりに、小さいおやつなどを入れられる知育おもちゃなどを与えて気を紛らわせてあげたり、退屈しないようにしましょう。

家を留守にする時は、短時間の外出を繰り返しながら、徐々に時間を長くしてならしていきます。ポイントは、出かける前に、大げさに声をかけないことです。そして、もしイタズラされていても叱らずに平然としていましょう。

イタズラされて散らかったものを片付ける時は、片付けるのをなるべくコーギーに見せないようにし、心情的には「あ~、もう!また散らかして!」などと言いたいところですが、声をかけないようにします。

叱る時は現行犯でないと、効果が薄く、逆に、イタズラすれば、かまってもらえると思うこともあるからです。

外出から帰ると、悪いことをしたというのが、耳を垂れるなどの仕草や隠れるといった行動からわかる時があります。あなたが帰ってくる直前にしたからかもしれませんし、あるいは「叱られることをしちゃった、でも、そうすれば飼い主が帰ってくるし、かまってくれる!」、そんな風にコーギーが関連づけた結果なのかもしれません。