【重要】FDAがグレインフリーに警告

犬のトイレのトレーニング・しつけはどうやればいいのか?

A.大事なことは、生活エリアとトイレを明確に別々に設けること。そして、覚えるまではトイレの場所まで連れて行って排泄させ、それをほめてあげることです。その方法一つが、サークルやクレート(バリケンなど)を使ったトイレのしつけです。

犬は、自分のくつろぐ場所(寝床など)では排泄しない習性があり、そこを汚したくないので、トイレを別に設けてあげ、そこがトイレだと覚えさせます。場所を覚えるまでは、ソワソワとして床の臭いを嗅ぐなどのサインや、排泄する時間を覚えて連れて行ってあげて教えます。

ペットシーツでするようにペットショップやブリーダーさんがトレーニングしてくれていることもあるので、家に常に誰かがいるのであれば、覚えるのも早いでしょう。

ただ、共働きなどで留守がちな場合、サークルに入れたままにすることが多く、寝るのも遊ぶのもトイレも同じ場所になってしまいます。

そのため、サークル内でもできるだけベッド(寝床)のようなものをおいてあげて、「サークル内のペットシーツ=トイレ」になるように、サークル内でも場所を使い分けられるようにしてあげます。

いずれにしても利用する習性やトイレのサインなどを知って、失敗しない(叱らないで済む)ようにしてあげることが成功の近道です。